Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Sonnet 1:

    ソネット1.

  • From fairest creatures we desire increase,

    最も美しい生き物から、我々は増加を望んでいます。

  • That thereby beauty's rose might never die,

    美しさの薔薇が枯れることのないように

  • But as the riper should by time decease,

    しかし、ライパーは時間が経つにつれて衰退しなければなりません。

  • His tender heir might bear his memory;

    彼の優しい相続人が彼の記憶を受け継ぐかもしれない

  • But thou contracted to thine own bright eyes,

    しかし、あなたは自分の明るい目に契約した。

  • Feed'st thy light's flame with self-substantial fuel,

    汝の光の炎を自己完結的な燃料で養う。

  • Making a famine where abundance lies,

    豊かさがあるところに飢饉を起こす。

  • Thy self thy foe, to thy sweet self too cruel:

    汝の自己の敵、汝の甘い自己にはあまりにも残酷である。

  • Thou that art now the world's fresh ornament,

    汝、今や世界の新鮮な装飾品である。

  • And only herald to the gaudy spring,

    派手な春への前触れでしかない。

  • Within thine own bud buriest thy content,

    あなた自身の芽の中にあなたの内容を埋もれさせてください。

  • Pity the world or else this glutton be,

    世界を哀れむか、この大食漢を哀れむか。

  • To eat the world's due, by the grave and thee.

    墓場と汝の傍らで、世の報いを喰らうために。

  • Tough talk.

    タフな話だ

Sonnet 1:

ソネット1.

字幕と単語
自動翻訳

B2 中上級 日本語 自己 墓場 薔薇 傍ら 前触れ 相続

パトリック・スチュワート、Twitterで癒しのシェイクスピアを読みながら社会的距離を置く

  • 2089 151
    eunice4u4u   に公開 2020 年 03 月 30 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す