Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Chapter I. Down the Rabbit-Hole

    ラビットホールダウンChapter I.

  • Alice was beginning to get very tired of sitting by her sister on the bank, and of

    アリスが銀行に彼女の妹が座って非常に疲れ始めて、とであった

  • having nothing to do: once or twice she had peeped into the book her sister was

    何の関係も持た​​ないこと:一度か二度、彼女は彼女の妹だった本に覗​​いたしていた

  • reading, but it had no pictures or

    読んで、それは写真やがなかった

  • conversations in it, 'and what is the use of a book,' thought Alice 'without pictures

    その中の会話、"どのような本の使用である、"画像なしアリス"と思った

  • or conversation?'

    または会話?"

  • So she was considering in her own mind (as well as she could, for the hot day made her

    そこで彼女は、彼女自身の心に検討していた(同様に彼女ができたと、彼女を作った暑い日のための

  • feel very sleepy and stupid), whether the pleasure of making a daisy-chain would be

    デイジーチェーンを作る喜びがであるかどうか、)非常に眠いと愚かな感じ

  • worth the trouble of getting up and picking

    立ち上がって、ピッキングの手間をかける

  • the daisies, when suddenly a White Rabbit with pink eyes ran close by her.

    突然ピンクの目を持つ白うさぎが彼女の近くに走ったヒナ​​ギク、。

  • There was nothing so VERY remarkable in that; nor did Alice think it so VERY much

    そこにそののため、非常に注目に値するものは何もなかった、またアリスはそう非常に考えていた

  • out of the way to hear the Rabbit say to itself, 'Oh dear! Oh dear! I shall be

    出ウサギを聞くための方法のは、まあ"、自分自身に言って!あら!私がしなければならない

  • late!'

    後半!"

  • (when she thought it over afterwards, it occurred to her that she ought to have

    (彼女はその後、それを上に考えたとき、それは彼女がしているはずのことを彼女に起こった

  • wondered at this, but at the time it all seemed quite natural); but when the Rabbit

    この時点では思ったが、同時にそれはすべての)非常に自然に見えた、しかしときにウサギ

  • actually TOOK A WATCH OUT OF ITS WAISTCOAT-

    実際にITSの腕時計を取り出したチョッキ -

  • POCKET, and looked at it, and then hurried on, Alice started to her feet, for it

    ポケット、そしてそれを見て、その後はそれのために、アリスは彼女の足に始めた上に急いで

  • flashed across her mind that she had never before seen a rabbit with either a

    彼女は前のいずれかでウサギを見たことがなかったことを彼女の心を介してフラッシュ

  • waistcoat-pocket, or a watch to take out of

    チョッキのポケット、または外に取る時計

  • it, and burning with curiosity, she ran across the field after it, and fortunately

    それは、と好奇心に燃える、彼女はそれの後にフィールド全体に走り、幸いにも

  • was just in time to see it pop down a large rabbit-hole under the hedge.

    それはヘッジファンドで大ウサギ穴を下にポップアップ表示する時間は、わずかにあった。

  • In another moment down went Alice after it, never once considering how in the world she

    それは、かつて一体全体考慮決して後に別の瞬間にダウンアリスに行きました彼女

  • was to get out again.

    再び外に出することでした。

  • The rabbit-hole went straight on like a tunnel for some way, and then dipped

    ウサギ穴はいくつかの方法のためのトンネルのようにまっすぐに行き、その後、浸漬

  • suddenly down, so suddenly that Alice had not a moment to think about stopping

    突然ダウンして、その突然アリスは停止を考えるために時間をしていなかったこと

  • herself before she found herself falling down a very deep well.

    彼女は自分がよく非常に深いから落ちています彼女の前に。

  • Either the well was very deep, or she fell very slowly, for she had plenty of time as

    どちらも非常に深かった、または彼女として十分な時間を持っていた、彼女は、非常にゆっくり減少

  • she went down to look about her and to wonder what was going to happen next.

    彼女は彼女について検索し、次に何が起こるために何が起こっていたか疑問に行きました。

  • First, she tried to look down and make out what she was coming to, but it was too dark

    最初、彼女がダウンして見て、彼女はに来ていた何かを作ってみましたが、それはあまりにも暗くなっていた

  • to see anything; then she looked at the sides of the well, and noticed that they

    何かを見て、その後、彼女は井戸の両側に見て、気づいて、彼ら

  • were filled with cupboards and book-

    食器棚及び本 - を充填した

  • shelves; here and there she saw maps and pictures hung upon pegs.

    棚、あちこちで彼女は地図と写真を見たがペグによってハング。

  • She took down a jar from one of the shelves as she passed; it was labelled 'ORANGE

    彼女は渡された彼女は棚の一つからjarを閉鎖していたのだ、それは"ORANGE標識した

  • MARMALADE', but to her great disappointment it was empty: she did not like to drop the

    マーマレード"が、彼女の大きな失望するには、空だった:彼女はドロップする好きではなかった

  • jar for fear of killing somebody, so

    誰かを殺すの恐れのための瓶、など

  • managed to put it into one of the cupboards as she fell past it.

    彼女はそれを超えて下落すると食器棚の1つに入れて管理。

  • 'Well!' thought Alice to herself, 'after such a fall as this, I shall think nothing

    "まあ!"アリスは、このような落下の後、私は何も考えてはならない"、彼女自身に考え

  • of tumbling down stairs!

    階段を下りタンブリングの!

  • How brave they'll all think me at home! Why, I wouldn't say anything about it, even

    How勇敢彼らがすべての家庭で私のと思うよ!なぜ、私も、それについて何も言わないだろう

  • if I fell off the top of the house!' (Which was very likely true.)

    私は家の上を!"(可能性が非常に高い真であった。)オフだった場合に

  • Down, down, down.

    ダウン、ダウン、ダウン。

  • Would the fall NEVER come to an end! 'I wonder how many miles I've fallen by

    秋には終わりが来ることはない! '私は私が倒れたきた何マイル不思議に思う

  • this time?' she said aloud. 'I must be getting somewhere near the

    この時間は?"と彼女は声を出している。 "私は近くのどこかになっている必要があります

  • centre of the earth.

    地球の中心。

  • Let me see: that would be four thousand miles down, I think--' (for, you see, Alice

    私が見てみましょう:4000マイルダウンしていることを、私は考える - "(たとえば、あなたが見る、アリス

  • had learnt several things of this sort in her lessons in the schoolroom, and though

    教室で彼女のレッスンではこの種のいくつかのことを学んだ、とも

  • this was not a VERY good opportunity for

    これは非常に良い機会ではなかった

  • showing off her knowledge, as there was no one to listen to her, still it was good

    彼女聞くこと誰もがなかったので、彼女の知識を披露し、まだそれは良かった

  • practice to say it over) '--yes, that's about the right distance--but then I wonder

    それを上に言って練習)" - はい、右の距離についてです - が、その後、私は疑問

  • what Latitude or Longitude I've got to?'

    what緯度や経度、私はするんだ?"

  • (Alice had no idea what Latitude was, or Longitude either, but thought they were

    (アリスは緯度が何であったかを理解していませんでした、または経度のどちらかが、彼らは思っていました

  • nice grand words to say.) Presently she began again.

    と言って良い壮大なワードが。)現在、彼女は再び始まった。

  • 'I wonder if I shall fall right THROUGH the earth!

    私は地球を右落ちるものなら'私は疑問に思う!

  • How funny it'll seem to come out among the people that walk with their heads downward!

    How面白いそれが下向きに頭で歩く人々の間で出てくるように見えるよ!

  • The Antipathies, I think--' (she was rather glad there WAS no one listening, this time,

    反感は、私が考える - "(彼女はかなり嬉しかった誰リスニングはこの時間が、なかった、

  • as it didn't sound at all the right word) '--but I shall have to ask them what the

    ')それはすべての右の単語で発音しないかのよう - しかし、私は何をそれらを聞かなければならないものとします

  • name of the country is, you know.

    国の名前は、あなたが知っているです。

  • Please, Ma'am, is this New Zealand or Australia?'

    、奥様、このニュージーランドやオーストラリアですください?"

  • (and she tried to curtsey as she spoke-- fancy CURTSEYING as you're falling through

    彼女はスポークとして(と彼女は女性のおじぎを試みた - 空想CURTSEYINGをあなたを介して落下しているas

  • the air!

    空気!

  • Do you think you could manage it?) 'And what an ignorant little girl she'll

    あなたがそれを管理することができると思いますか?)"そして、何彼女は確定画面無知な少女

  • think me for asking! No, it'll never do to ask: perhaps I shall

    私は依頼するための考える!いや、質問するために行うことは決してないだろう:多分私はものとする

  • see it written up somewhere.'

    それがどこかまで書か参照してください。"

  • Down, down, down. There was nothing else to do, so Alice soon

    ダウン、ダウン、ダウン。行うには他には何もなかったので、すぐにアリス

  • began talking again. 'Dinah'll miss me very much to-night, I

    再び話し始めた。 "Dinah'llは、I -夜に私はとてもとても寂しい

  • should think!'

    考えなければならない!"

  • (Dinah was the cat.) 'I hope they'll remember her saucer of milk

    (ダイナは猫だった。)"私は彼らが牛乳の彼女の皿を覚えていただければ幸い

  • at tea-time. Dinah my dear!

    お茶時に。親愛なる私のダイナ!

  • I wish you were down here with me!

    私はあなたが私と一緒にここにダウンしていたのに!

  • There are no mice in the air, I'm afraid, but you might catch a bat, and that's very

    そこに空気中にはマウスではありませんが、私は怖いが、バットをキャッチ可能性があり、それは非常にです

  • like a mouse, you know. But do cats eat bats, I wonder?'

    マウスのように、あなたが知っている。しかし猫はコウモリを食べるの、かしら?"

  • And here Alice began to get rather sleepy, and went on saying to herself, in a dreamy

    そしてここでアリスはむしろ眠気がさすようになり、夢のようで、彼女自身に言ったに行きました

  • sort of way, 'Do cats eat bats? Do cats eat bats?' and sometimes,

    方法の一種、"猫はコウモリを食べるか?猫は?コウモリを食べるか"と、時には、

  • 'Do bats eat cats?' for, you see, as she couldn't answer either question, it didn't

    'は、コウモリは猫を食べるの?'を、あなたが見る、彼女はどちらかの質問に答えることができなかったので、それはしませんでした

  • much matter which way she put it.

    その彼女がそれを置く方法はるかに問題。

  • She felt that she was dozing off, and had just begun to dream that she was walking

    彼女は彼女が居眠りをしたことを感じ、ちょうど彼女が歩いていたという夢を始めていた

  • hand in hand with Dinah, and saying to her very earnestly, 'Now, Dinah, tell me the

    ダイナwith手、および'、非常に真剣に彼女に言ったの手は今、ダイナ、私に言う

  • truth: did you ever eat a bat?' when

    真実:あなたがこれまでバットを食べるか'?

  • suddenly, thump! thump! down she came upon a heap of sticks and dry leaves, and the

    突然、ゴツン!ゴツン!ダウン彼女はスティックと乾燥葉のヒープに出くわしました、そして

  • fall was over.

    秋は終わった。

  • Alice was not a bit hurt, and she jumped up on to her feet in a moment: she looked up,

    アリスは、少しの傷ではなかった、と彼女は一瞬で彼女の足の上にジャンプ:彼女は見上げ、

  • but it was all dark overhead; before her was another long passage, and the White

    彼女は別の長い通路される前の、ホワイト、それはすべての暗いオーバーヘッドwas

  • Rabbit was still in sight, hurrying down it.

    ウサギはそれの下急いで、目にまだあった。

  • There was not a moment to be lost: away went Alice like the wind, and was just in

    失われる瞬間がありませんでした。離れて風のようにアリスを行き、ちょうどしていた

  • time to hear it say, as it turned a corner, 'Oh my ears and whiskers, how late it's

    それはコーナーを回したとしてそれを聞くための時間は、ああ私の耳とひげ、どの程度遅れてそれはそれ"、、と言う

  • getting!'

    なっ!"

  • She was close behind it when she turned the corner, but the Rabbit was no longer to be

    彼女がコーナーを回したとき、彼女は近くにその背後にあったが、ウサギはにもはやなかった

  • seen: she found herself in a long, low hall, which was lit up by a row of lamps

    見られる:彼女はランプの行でライトアップされた、長い間、低いホールで自分自身を発見

  • hanging from the roof.

    屋根からぶら下がっている。

  • There were doors all round the hall, but they were all locked; and when Alice had

    そこにドアのすべてのラウンドホールはあったが、それらはすべてロックされ、そしてアリスがあったとき

  • been all the way down one side and up the other, trying every door, she walked sadly

    片側ダウンと他の上のすべての方法をされて、すべてのドアをしようと、彼女は悲しげに歩いて

  • down the middle, wondering how she was ever to get out again.

    真ん中に、彼女は再び得るために今までいたか疑問に思う。

  • Suddenly she came upon a little three- legged table, all made of solid glass;

    突然、彼女はすべての固体のガラス製の小さな三本足のテーブル、に出くわしました。

  • there was nothing on it except a tiny golden key, and Alice's first thought was

    そこに小さな金色の鍵を除いてその上に何もなかった、とアリスの最初に考えたのだった

  • that it might belong to one of the doors of

    それは扉のひとつに属している可能性があること

  • the hall; but, alas! either the locks were too large, or the key was too small, but at

    ホール、しかし、悲しいかな!どちらかのロックは大きすぎる、またはキーが小さすぎるが、AT

  • any rate it would not open any of them.

    いずれにせよ、それはそれらのいずれかを開くことでしょう。

  • However, on the second time round, she came upon a low curtain she had not noticed

    しかし、二回目のラウンドで、彼女は気づいていなかった低カーテンに出くわしました。

  • before, and behind it was a little door about fifteen inches high: she tried the

    前と、後ろを約15インチの高さはほとんどのドアだった:彼女は試みた

  • little golden key in the lock, and to her great delight it fitted!

    ロックの、と彼女の大きな喜びに小さな金色の鍵は、それが装着!

  • Alice opened the door and found that it led into a small passage, not much larger than

    アリスはドアを開け、それが小さな通路に導いたことを発見、よりもはるかに大きくならない

  • a rat-hole: she knelt down and looked along the passage into the loveliest garden you

    ラットホール:彼女はひざまずいたと美しい庭あなたに道に沿って見

  • ever saw.

    これまでに見た。

  • How she longed to get out of that dark hall, and wander about among those beds of

    彼女はその暗いホールから出る、およびそれらのベッドの中で約さまようてたまらなかったHow

  • bright flowers and those cool fountains, but she could not even get her head through

    明るい花とそれらの涼しい噴水、彼女はさらにを通して彼女の頭を得ることができませんでした

  • the doorway; 'and even if my head would go

    戸口;'と私の頭が行く場合でも

  • through,' thought poor Alice, 'it would be of very little use without my shoulders.

    を通して、それは私の肩がなく、非常にあまり役に立たないものとなる"かわいそうなアリスは、考えた"。

  • Oh, how I wish I could shut up like a telescope!

    ああ、私は望遠鏡のように黙っていいなあ方法!

  • I think I could, if I only know how to begin.'

    私だけを開始する方法を知っていれば私は、私はできると思います。'

  • For, you see, so many out-of-the-way things had happened lately, that Alice had begun

    、あなたが見る、非常に多くのアウトウェイ物事が最近起こったのは、そのアリスは始まっていた

  • to think that very few things indeed were really impossible.

    非常にいくつかのことが本当に本当に不可能だったと思うに。

  • There seemed to be no use in waiting by the little door, so she went back to the table,

    、そこに小さなドアが待っているの使い道がないように見えたので、彼女はテーブルに戻った

  • half hoping she might find another key on it, or at any rate a book of rules for

    彼女はその上に別のキー、またはのためのルールのいずれかの速度で本を見つけるかもしれない望んでhalf

  • shutting people up like telescopes: this

    望遠鏡のようなシャットダウン人まで:この

  • time she found a little bottle on it, ('which certainly was not here before,'

    時間は彼女は"、確かにここの前ではなかった"(、それはほとんど瓶を発見した

  • said Alice,) and round the neck of the bottle was a paper label, with the words

    アリスは言った)、丸ボトルのネックは言葉で、紙のラベルwas

  • 'DRINK ME' beautifully printed on it in large letters.

    美しく大きな文字でその上に印刷された'私が飲む"。

  • It was all very well to say 'Drink me,' but the wise little Alice was not going to do

    それは'は、私を飲む"と言って非常によく、すべてのであったが、賢明な少しアリスはそうするつもりではなかった

  • THAT in a hurry.

    急いでことを保証しません。

  • 'No, I'll look first,' she said, 'and see whether it's marked "poison" or not'; for

    彼女は言った、"いいえ、私は、最初に見ていきます""それが"毒"かマークされているかどうかを参照してください'; for

  • she had read several nice little histories about children who had got burnt, and eaten

    彼女は、焼けた持っていた子どもたちについて、いくつかの素晴らしい小さな歴史を読んで、と食べていた

  • up by wild beasts and other unpleasant

    アップ野生の獣や不快な他によって

  • things, all because they WOULD not remember the simple rules their friends had taught

    彼らは彼らの友人が教えていた簡単なルールを覚えていないがあるためのもの、すべて

  • them: such as, that a red-hot poker will burn you if you hold it too long; and that

    それらの:そのようなあなたが長すぎる、それを保持している場合赤く焼けた火かき棒はあなたを燃やすことなど、その

  • if you cut your finger VERY deeply with a

    次のコマンドで非常に深く指を切る場合

  • knife, it usually bleeds; and she had never forgotten that, if you drink much from a

    ナイフ、それは通常、出血、そしてあなたがより多くを飲めば、彼女は、それを忘れていなかった

  • bottle marked 'poison,' it is almost certain to disagree with you, sooner or

    ボトルマーク"毒、"それはあなたに反対することはほぼ確実である、遅かれ早かれ

  • later.

    後で。

  • However, this bottle was NOT marked 'poison,' so Alice ventured to taste it,

    しかし、このボトルがマークされた"毒を、'ので、アリスは、それを味わうためにあえて

  • and finding it very nice, (it had, in fact, a sort of mixed flavour of cherry-tart,

    、それは非常に素晴らしい発見、(それが持っていた、実際には、チェリータルトの混合味のようなもの、

  • custard, pine-apple, roast turkey, toffee,

    カスタード、松、リンゴ、ローストターキー、タフィー、

  • and hot buttered toast,) she very soon finished it off.

    と熱いバターを塗ったトースト、)彼女は非常にすぐにそれを締めくくった。

  • 'What a curious feeling!' said Alice; 'I must be shutting up like a telescope.'

    "!What好奇心感"アリスは言った、"私は望遠鏡のような上シャットダウンされている必要があります。"

  • And so it was indeed: she was now only ten inches high, and her face brightened up at

    そしてそれは確かだった:彼女は現在、わずか10インチの高さであり、彼女の顔が見上げ明るく

  • the thought that she was now the right size for going through the little door into that

    彼女は今では中に小さなドアを通って行くためのちょうどいい大きさだと考え

  • lovely garden.

    素敵な庭園。

  • First, however, she waited for a few minutes to see if she was going to shrink

    最初に、しかし、彼女は縮小するつもりだったかどうかを確認するために数分を待っていた

  • any further: she felt a little nervous about this; 'for it might end, you know,'

    それ以上:彼女がこのことについて少し緊張;'それが終了するかもしれないために、あなたが知っている、"

  • said Alice to herself, 'in my going out altogether, like a candle.

    ろうそくのように、私がまったく外出で"、彼女自身にアリスは言った。

  • I wonder what I should be like then?'

    私はその後、どうあるべきだろうかと思う?"

  • And she tried to fancy what the flame of a candle is like after the candle is blown

    そして彼女はろうそくの炎がろうそくを吹きされた後どのようなものであるか空想しよう

  • out, for she could not remember ever having seen such a thing.

    出のための彼女にはそういうものを見たことまで覚えていない可能性があります。

  • After a while, finding that nothing more happened, she decided on going into the

    しばらくすると、より多くの起こったことは何も見つけていない、彼女は入るに決定

  • garden at once; but, alas for poor Alice! when she got to the door, she found she had

    一度に庭、しかし、悲しいかなかわいそうなアリスのために!彼女はドアに着いたとき、彼女は彼女が持っていたが見つかりました

  • forgotten the little golden key, and when

    小さな金色の鍵と、時を忘れてしまった

  • she went back to the table for it, she found she could not possibly reach it: she

    彼女はそれのために、彼女は多分それに達することができなかった見つけたテーブルに戻った:彼女

  • could see it quite plainly through the glass, and she tried her best to climb up

    ガラス越しにかなりはっきりとそれを見ることができる、と彼女は登るために彼女の最善を尽くして

  • one of the legs of the table, but it was

    テーブルの脚の一つが、それだった

  • too slippery; and when she had tired herself out with trying, the poor little

    彼女は、貧しい人々を少ししようとするの彼女自身を疲れていたときと、あまりにも滑りやすい

  • thing sat down and cried.

    ことは、座って、叫んだ。

  • 'Come, there's no use in crying like that!' said Alice to herself, rather sharply; 'I

    '!さあ、そのように泣いてには使用がないの"アリスはむしろ急激に、つぶやきました。"I

  • advise you to leave off this minute!'

    この分を切っておくように助言する!"

  • She generally gave herself very good advice, (though she very seldom followed

    彼女は一般的に(彼女はめったに続いていないものの、彼女自身非常に良いアドバイスを与えた

  • it), and sometimes she scolded herself so severely as to bring tears into her eyes;

    彼女の目に涙をもたらすとしては)、時には彼女はとても厳しく自分を叱った。

  • and once she remembered trying to box her

    一度、彼女はボックス彼女にしようと思い出した

  • own ears for having cheated herself in a game of croquet she was playing against

    持つための自身の耳では、彼女が反対遊んでいたクロッケーのゲームで自分自身をだました

  • herself, for this curious child was very fond of pretending to be two people.

    彼女自身は、この好奇心子供のために二人のふりをしての非常に好きだった。

  • 'But it's no use now,' thought poor Alice, 'to pretend to be two people!

    "しかし、それはない今使っている、"二人のふりをするかわいそうなアリスは、"考えていない!

  • Why, there's hardly enough of me left to make ONE respectable person!'

    なぜ、ONE立派な人を作るために残ってくれたのを意識した方があるよ!"

  • Soon her eye fell on a little glass box that was lying under the table: she opened

    すぐに彼女の目はテーブルの下に横たわっていた小さなガラスの箱に落ちた:彼女がオープンしました

  • it, and found in it a very small cake, on which the words 'EAT ME' were beautifully

    それは、それは非常に小さなケーキを発見した、言葉"が食べMEは、"先の美しくなった

  • marked in currants.

    スグリでマーク。

  • 'Well, I'll eat it,' said Alice, 'and if it makes me grow larger, I can reach the key;

    "ウェル、私はそれを食べる!"アリスは言った"とそれは私が大きく成長行った場合、私はキーを達することができる。

  • and if it makes me grow smaller, I can creep under the door; so either way I'll

    そしてそれは私が小さい成長行った場合、私はドアの下クリープができます。私がいただくためにいずれかの方法を

  • get into the garden, and I don't care which happens!'

    庭に入る、と私が発生に気にしない!"

  • She ate a little bit, and said anxiously to herself, 'Which way?

    彼女は少しを食べ、どの道"、彼女自身に心配そうに言ったか。

  • Which way?', holding her hand on the top of her head to feel which way it was growing,

    どのような方法?"、それが成長しているよう感じるように彼女の頭の上に彼女の手を握って、

  • and she was quite surprised to find that she remained the same size: to be sure,

    と彼女は全く彼女が同じサイズのままであること見つけるために驚いた:必ずすること、

  • this generally happens when one eats cake,

    一つのケーキを食べる際に、これは一般的に、発生

  • but Alice had got so much into the way of expecting nothing but out-of-the-way things

    しかしアリスは何も期待しないの道にそんなに得たが、アウトオブウェイのものだった

  • to happen, that it seemed quite dull and stupid for life to go on in the common way.

    それは一般的な方法でオン行く生命の非常に鈍いと愚かなようであること、発生する。

  • So she set to work, and very soon finished off the cake.

    そこで彼女は、動作するように設定し、非常にすぐにケーキを締めくくった。

  • >

    >

  • Chapter II. The Pool of Tears

    第二章。涙のプール

  • 'Curiouser and curiouser!' cried Alice (she was so much surprised, that for the moment

    "Curiouserとcuriouser!"アリスは一瞬のために(彼女はとても驚いて、その叫んだ

  • she quite forgot how to speak good English); 'now I'm opening out like the

    彼女は非常に)良い英語を話す方法を忘れてしまった;'今私は次のように出開くよ

  • largest telescope that ever was!

    今までwas最大の望遠鏡!

  • Good-bye, feet!' (for when she looked down at her feet, they seemed to be almost out

    さようなら、フィート!"(彼女が彼女の足元に見下ろしたときのは、彼らはほぼアウトになるように見えた

  • of sight, they were getting so far off).

    視力が、彼らは)これまでに下車した。

  • 'Oh, my poor little feet, I wonder who will put on your shoes and stockings for you

    "ああ、私のかわいそうな足が、私は誰があなたのためにあなたの靴やストッキングの上に置いたときに疑問に思う

  • now, dears? I'm sure I shan't be able!

    今、ディアーズ?私はことができないものと確信しています!

  • I shall be a great deal too far off to trouble myself about you: you must manage

    私は遠すぎるあなたについて私に迷惑をたくさんしなければならない:あなたが管理する必要があります。

  • the best way you can;--but I must be kind to them,' thought Alice, 'or perhaps they

    最高のあなたができる方法、 - しかし私は彼らに親切でなければ、彼らは"アリスは思いました。"あるいは

  • won't walk the way I want to go!

    私が行きたい道を歩むしません!

  • Let me see: I'll give them a new pair of boots every Christmas.'

    私が見てみましょう:私はそれらにブーツごとにクリスマスの新しいペアを与えるでしょう"。

  • And she went on planning to herself how she would manage it.

    彼女はそれを管理するという方法と、彼女は彼女自身に計画しに行きました。

  • 'They must go by the carrier,' she thought; 'and how funny it'll seem, sending presents

    "彼らはキャリアによって行かなければならない、と彼女は考え、"それが見えるだろうか面白い、プレゼントを送る

  • to one's own feet! And how odd the directions will look!

    自分の足に!そして、どのように奇妙な方向になります!

  • ALICE'S RIGHT FOOT, ESQ. HEARTHRUG,

    アリスの右足、ESQ。暖炉の前の敷物、

  • NEAR THE FENDER, (WITH ALICE'S LOVE).

    フェンダーNEAR、(アリスの愛をこめて)。

  • Oh dear, what nonsense I'm talking!'

    まあ、何ナンセンス私が話している!"

  • Just then her head struck against the roof of the hall: in fact she was now more than

    ちょうどその時彼女の頭には、ホールの屋根ぶつかりました:実際には彼女が今以上was

  • nine feet high, and she at once took up the little golden key and hurried off to the

    9フィート高い、と彼女は一度に小さな金色の鍵を取り上げて、ためにオフに急いで

  • garden door.

    庭のドア。

  • Poor Alice! It was as much as she could do, lying down on one side, to look through

    かわいそうなアリス!それは目を通すために、一方の側に横になって、同じくらい、彼女は何ができるとしてあった

  • into the garden with one eye; but to get through was more hopeless than ever: she

    片方の眼で庭に、しかし、を介して取得することは今まで以上に絶望的だった:彼女

  • sat down and began to cry again.

    座って再び泣き始めた。

  • 'You ought to be ashamed of yourself,' said Alice, 'a great girl like you,' (she might

    'あなたは自分の恥ずかしいであるべきだ、"アリス"は、あなたのような偉大な女の子"と言われた(彼女はかもしれない

  • well say this), 'to go on crying in this way!

    よくこのように泣きに行くために"、この)を言う!

  • Stop this moment, I tell you!'

    この瞬間を停止し、私はあなたを教えて!"

  • But she went on all the same, shedding gallons of tears, until there was a large

    大があったまで、しかし、彼女は、涙のガロンを流して、すべて同じに行きました

  • pool all round her, about four inches deep and reaching half down the hall.

    プールのすべてのラウンド彼女の、廊下の約4インチ深く、広範囲に半分。

  • After a time she heard a little pattering of feet in the distance, and she hastily

    時間後、彼女は遠くに足の小さなパターニングを聞いて、彼女は急いで

  • dried her eyes to see what was coming.

    来ていたかを確認する彼女の目を乾燥させた。

  • It was the White Rabbit returning, splendidly dressed, with a pair of white

    それは白のペアで、白うさぎを返す、見事に服を着せていた

  • kid gloves in one hand and a large fan in the other: he came trotting along in a

    子供の1つを手に手袋やその他の大ファン:彼はで実際に小走り来た

  • great hurry, muttering to himself as he came, 'Oh! the Duchess, the Duchess!

    大急ぎ、彼はああ"、来たとして彼自身につぶやいて!公爵夫人、公爵夫人!

  • Oh! won't she be savage if I've kept her waiting!'

    ああ!彼女は私が彼女待たせている場合野蛮されません!"

  • Alice felt so desperate that she was ready to ask help of any one; so, when the Rabbit

    アリスは、彼女がいずれかの助けを求める準備ができていたように必死の感じ、そう、時ラビット

  • came near her, she began, in a low, timid voice, 'If you please, sir--' The Rabbit

    彼女の近くに来た、彼女は"先生、あなたが記入してください - '、低い、臆病な声で、始めたウサギを

  • started violently, dropped the white kid

    激しく開始、白い子供を落とした

  • gloves and the fan, and skurried away into the darkness as hard as he could go.

    手袋とファン、そして彼が行く可能性があるのでハードに暗闇に離れてskurried。

  • Alice took up the fan and gloves, and, as the hall was very hot, she kept fanning

    アリスはファンと手袋を取り、、ホールは非常に熱くだったので、彼女はパラパラと保管

  • herself all the time she went on talking: 'Dear, dear!

    彼女自身、彼女が話しに行ったすべての時間:"親愛なる、親愛なる!

  • How queer everything is to-day!

    全てはこの日にする方法奇妙なです!

  • And yesterday things went on just as usual. I wonder if I've been changed in the night?

    そして昨日の事はちょうどいつものように行きました。私は夜に変更されてきたのだろうか?

  • Let me