Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hey, it’s Marie Forleo and you are watching MarieTV, the place to be to create a business

    ねぇ、マリーフォーレオーだよ、ビジネスを作るための場所、MarieTVを見ているあなたへ

  • and life you love. I’ve got a question for you. Do you ever feel like youre meant

    とあなたが愛する人生。あなたに質問がありますあなたは今までに、あなたが意図されていると感じたことはありますか?

  • to do more in this world? Do you have this deeper sense that you should be doing something

    この世界でもっと何かをするべきだと思っていませんか?という深い感覚を持っていますか?

  • that has meaning, that youre meant for big things but you just don't know how to

    偉そうにしていても、どうすればいいのかわからないということを

  • unlock it? If so, you are gonna absolutely love our show today because youre gonna

    ロックを解除するには?もしそうなら、あなたは絶対に今日のショーが好きになるでしょう。

  • meet one of my most inspiring and intelligent friends, someone who I’m honored to know,

    私の最も刺激的で知的な友人の一人と知り合えて光栄です。

  • and someone who I work with.

    と一緒に仕事をしている人がいます。

  • Adam Braun is the founder of Pencils of Promise, an award winning organization that has built

    アダム・ブラウンは、プロミスの鉛筆の創設者であり、数々の賞を受賞してきた組織である。

  • more than 200 schools across Africa, Asia, and Latin America. PoP was founded with just

    アフリカ、アジア、ラテンアメリカにまたがる200校以上の学校。PoPは設立されたのは

  • 25 dollars using Braun’s unique for purpose approach to blending non profit idealism with

    非営利の理想主義との融合を目的としたブラウンのユニークなアプローチを使用して25ドル

  • for profit business principles. Braun graduated Magna cum Laude from Brown University and

    営利を目的としたビジネスの原則のために。ブラウンはブラウン大学を優秀な成績で卒業しています。

  • was one of the first 10 world economic forum global shapers and has been featured at the

    は、世界経済フォーラムのグローバルシェイパー第1回10人のうちの1人であり

  • United Nations, the Clinton Global Initiative, Wired Magazine’s Smart List of 50 People

    国連、クリントン・グローバル・イニシアティブ、ワイアード誌のスマートリスト50人

  • Changing the World, and Forbes 2012 30 Under 30. He’s the author of The Promise of a

    世界を変える』、『フォーブス2012年30歳以下の30人』などの著書がある。の約束』の著者でもあります。

  • Pencil: How an Ordinary Person can Create Extraordinary Change.

    ペンシルどのように普通の人が臨時の変更を作成することができます。

  • Adam, it is so awesome to have you here. Thank you for making the time to come on MarieTV.

    アダム、あなたが来てくれて本当に嬉しいわ。MarieTVに来てくれてありがとう。

  • Oh, my pleasure. My pleasure.

    どういたしましてどういたしまして

  • So youre one of the people that I admire. You have done so much in such a short amount

    あなたは私が尊敬する人の一人なんですね。短期間で多くのことを成し遂げた

  • of time and one of the things I love about your book, which I’ve read twice already,

    の時間と、もう2回読んだあなたの本が大好きなことの1つです。

  • is that it’s practical, it’s inspirational, and there’s so much spirituality in it,

    それは実用的で、インスピレーションを与えてくれるし、スピリチュアルな要素がたくさん詰まっているからです。

  • which I just find… I feel like were kindred spirits in that sense.

    そういう意味では気が合うような気がします。

  • Yeah.

    そうだな

  • One of the things that you talk about and, you know, for all of us, we are the culmination

    あなたが話していることの一つであり、あなたが知っているように、私たち全員にとって、私たちは集大成です。

  • of the people that come before. And family is so important to you and I loved all the

    前に出てくる人たちのそして、家族はあなたにとってとても大切なもので、私はすべての

  • stories about your grandma, Ma.

    おばあちゃんの話

  • Yeah.

    そうだな

  • Can you tell us how she’s influenced you to become the man you are today and how that’s

    彼女の影響を受けて今のあなたになったのか、そしてそれがどのようなものだったのか教えてください。

  • impacted the work you do?

    あなたの仕事に影響を与えましたか?

  • Yeah. She’s been a huge, huge personal influence. I mean, some of my earlier memories are her

    そうなんだ彼女は個人的に大きな影響を与えてくれたつまり、私の初期の記憶のいくつかは彼女の

  • making chicken noodle soup, rubbing my back when I couldn't sleep, forcing Kit Kats down

    チキンラーメンを作ったり、眠れない時に背中を揉んだり、キットカットを押し倒したり。

  • my mouth at the earliest of age. Literally when I go to visit her now she still feeds

    私の口の中に入れてくれました。文字通り、私が今、彼女に会いに行った時、彼女はまだ食べさせてくれます。

  • me like I’m a 4 year old and just stuffs food in front of my face. But at the same

    私の顔の前に食べ物を詰め込むだけの 4歳児のような私。でも同時に

  • time, I mean, sheshe went through so much sacrifice so that I could be in the positions

    彼女は... 私がその立場になるために 犠牲を払ってくれたのよ

  • that I was able to experience throughout my life and, you know, one of the things that

    私が生涯を通じて経験できたことの一つは

  • I always kinda grew up knowing was where I’d come from. And so Ma, my grandmother, was

    自分がどこから来たのか いつも知って育ってきたそれで 母は祖母が

  • 14 when she was taken out of her hometown, a small town in Hungary, and was forced into

    14 故郷であるハンガリーの小さな町から連れ出され、強制的に

  • a ghetto. Then from a ghetto packed into a cattle car and from there waswas shipped

    ゲットーからゲットーから牛車に詰め込まれてそこから...出荷されました

  • to Auschwitz with her 12 year old sister, her mother, and 26 other family members. And

    12歳の妹と母親、そして26人の家族を連れて アウシュビッツに行きました。そして

  • all of them were gassed the first night and she was the lone survivor. And so she survived

    最初の夜に全員がガスを浴びて 彼女は唯一の生存者だったそれで彼女は生き残った

  • through this incredible series of miracles and knowing what she had been through, more

    この信じられないような奇跡の連続を通して、彼女が経験してきたことを知ることで、より多くのことを知ることができます。

  • than anything it kind of forced me to take just a sense of greater weight of my life.

    何よりも自分の人生の重みを感じざるを得ませんでした。

  • It’s like this person putput her own challenges in the back burner so that her

    この人は...自分の課題を後回しにして

  • family could be better positioned in the future. And so, you know, throughout my childhood

    家族が将来的に有利になる可能性がありましたそれで、子供の頃からずっと

  • and then adolescence and even until now, you know, I feel this great sense of not only

    そして、思春期を経て、今に至るまで、この偉大な感覚を感じるだけでなく

  • gratitude, but a commitment to honor her and the sacrifices of all of my grandparents and

    感謝の気持ちではなく、彼女と私の祖父母のすべての犠牲を称えることを約束します。

  • great grandparents and ancestors before them.

    その前の偉大な祖父母や祖先。

  • It made me think about my own grandparents and my Grandma, who’s still alive, the last

    自分の祖父母や、まだ生きているおばあちゃんのことを考えさせられました。

  • one. And it justit brought tears to my eyes and it actually compelled me to call

    1つだけそして...目に涙が浮かんできて、実際に電話してみました。

  • my grandmother and to think also, you know, weve built some schools with you

    祖母と一緒に学校を作ってきたのよ

  • Yeah.

    そうだな

  • ...with Pencils of Promise and I plan on building a lot more and I was actually like, “Wow,

    ...と約束の鉛筆で、私はもっとたくさんのものを作る計画を立てていて、実際には「わぁ。

  • yeah, the dedications. Why not dedicate it to our parents?” And I just wanna thank

    そうだ、献辞だ"両親に捧げるのはどうかな?"そして、私はただ感謝したい

  • you for that message because I feel like it’s something that I’ve taken for granted in

    このメッセージを聞いてくれてありがとうございます。

  • my own life and it was really awesome. And that brings me, actually, you know, thinking

    自分の人生を振り返ってみて 本当に素晴らしかったそれで私は、実際に、考えてみました

  • about life and death and how important our life is, you did this incredible adventure,

    生と死について、そして私たちの人生がいかに重要かについて、あなたはこの信じられないほどの冒険をしてくれました。

  • a semester at sea.

    海での一学期。

  • Right.

    そうだな

  • And, you know, I’m reading your book and I knew we were doing this interview and I

    あなたの本を読んでいてインタビューをしているのを知っていて

  • was so excited and it was late, late, late and I was on a company retreat and I’m sitting

    はしゃいでいて、遅くて遅くて遅くて、会社の引きこもりになっていて、座っていると

  • there and the lights are off and this was like this huge adventure. Youre on this

    そこに灯りが消えていて これはまるで大冒険のようでしたあなたはこれに乗っています

  • boat and then all hell frigginbreaks loose.

    ボートに乗って、大騒ぎになったんだ

  • Right.

    そうだな

  • Tell us what happened.

    何があったのか教えてください。

  • So I grew up and kind of saw my path ahead of me and I think a lot of people you have

    だから私は成長して自分の道が見えてきました。

  • this profound sense that, you know, life is what it’s supposed to be in this dictated,

    この深い感覚は、人生とは、この独裁された中で、あるべき姿であるということだ。

  • traditional path that usually your parents or your influences or your teachers, you know,

    普通は親とか影響を受けた人とか先生とか、そういう伝統的な道があるんだよね。

  • when youre a kid it’s like people are always kinda saying, “Here’s what I see

    子供の頃は「これを見て」って言われるのが普通だけど

  • you doing one day.” And, you know, I was a basketball player at Brown and kind of had

    "ある日、あなたは何をしているの?"私はブラウン大学でバスケをしていて

  • thisthis life figured out and I saw this film that was shot all around the world called

    これは...この人生を考えた時に、世界中で撮影されたこの映画を見たんだ。

  • Baraka and it forced me to realize how different people lived outside of the little bubble

    バラカとそれは私に小さなバブルの外に住んでいる人たちがいかに違うかを気づかせてくれました。

  • of experience that I had… I had experienced. And so I went on a semester at sea knowing

    という経験をしてきましたそれで私は知っていながら 海の上で一学期を過ごしました

  • that it was this around the world global voyage and I was gonna get access to 10 different

    世界一周のグローバルな航海で、10の異なる場所に アクセスすることができます。

  • countries, you have 4 to 6 days to get out and independently backpack with no restrictions,

    の国では、4日から6日の間に外に出て、制限のない独立したバックパックをすることができます。

  • essentially. You know, they literally drop you off on Monday and they say, “Be back

    本質的には月曜に降ろされて、「また来てね」と言われる。

  • on the ship next Monday morning or else were leaving,” and that’s how it works. And

    来週の月曜の朝に船に乗らないと出航します」と言っていたのですが、その通りになっています。そして、このようにして

  • so I thought, “I’m getting ready to break out of my comfort zone.” And our ship left

    それで私は思ったの "自分の居心地の良い場所から 抜け出す準備をしている "ってそして、私たちの船は出発しました

  • fromfrom Vancouver headed to Korea, and this is January 2005. It’s the first time

    from... バンクーバーから韓国に向かったのは2005年1月のことですになっています。

  • that Semester at Sea had crossed the North Pacific in winter. They had always gone the

    セメスター・アット・シーは冬に北太平洋を横断していました彼らはいつも

  • other direction and this time they kind of went west, which would become east. And just

    今度は西に行きましたが、それが東になりますそしてちょうど

  • kind of this freak accident. I mean, it’s never happened before, it’s never happened

    この異常な事故のようなものだつまり、今まで一度も起きたことがない、起きたことがないということです。

  • since, but we got caught in between 3 massive storm fronts about 800 miles from land. And

    それ以来、私たちは3つの巨大な嵐前線の間に挟まれました陸地から約800マイルですそして

  • we tried to go down and another one developed and so we essentially got caught in the perfect

    降りようとしたら、また別のものが開発されたので、本質的には完璧な状態に捕まってしまいました。

  • storm, for lack of a better term. And the morning of January 27th, 2005 we got hit by

    嵐と言っても過言ではありませんそして2005年1月27日の朝、私たちは

  • a 60 foot rogue wave head on. Went over the top of this thousand person cruise ship, shattered

    60フィートのローグの波に襲われたこの千人のクルーズ船の上を越えて、粉々になりました。

  • the glass on the 6th floor bridge. And getting hit by a wave, obviously, is terrible, but

    6階の橋のガラスに波に打たれるのは明らかにひどいですが

  • the fact that it shattered the glass, flooded the area with all the navigational equipment,

    ガラスを粉々にして、すべての航法機器で溢れかえったという事実。

  • and we lost all power to our engines is what, obviously, caused it to go really, really

    エンジンのパワーを失ったのは明らかにそれを引き起こしたからです本当に、本当に、本当に

  • downhill. And so we were essentially a sitting duck, this mayday call happens, and, you know,

    下り坂だそれで、私たちは基本的にカモにされていました。メーデーコールが起こって、そして、あなたは知っています。

  • I had a certain death experience. I knew the ship was going down, I was sure I was gonna

    私はある死亡体験をしました。船が沈むのを知っていた私は、確かに

  • die in the next hour, maybe 2, and that it would be a painful death in cold waters. You

    次の1時間で死ぬ、多分2で死ぬ、それが冷水の中での苦しい死であることを。あなたは

  • know, as far as possible from everyone that I knew and loved. And I think that when you

    知っている人、愛していた人から出来るだけ離れてそして、私が思うに、あなたが

  • have a certain death experience, or at least when you kind of face the end of your life

    死に目に遭う

  • Yeah.

    そうだな

  • ...the thing that happens is you suddenly look back on everything that happened before

    ...起こったことは、あなたが突然以前に起こったことをすべて振り返ることです。

  • that. And you don't ask who or what, you just ask why. And you think about kind of why am

    ということです。誰にも何にも聞かず、ただ理由を聞くのです。そして、あなたは、なぜ私は

  • I about to perish and why was I here. And the biggest question was what is my purpose?

    私は滅びようとしていて、なぜ私はここにいるのか。そして最大の疑問は 私の目的は何か?

  • Why if I’m about to die, why was I put here? And the things that I looked back on with

    死にそうになったら、なんで俺はここに入れられたんだろう?と振り返ったことが

  • real value were always kind of centered around family or some type of service to others.

    本当の価値は、常に家族や他人への奉仕のようなものを中心にしていました。

  • You know, it wasn’t when I was kind of accumulating anything related to myself, it was always

    自分に関係のあるものを溜め込んでいた時ではなく、いつものように

  • like I was here to maybe help somebody else. And so fortunately we survived and when we

    誰かを助けるために ここに来たようなものだ幸いにも私達は生き残ったし

  • survived and I was able to almost get like this second chance, you know, I was, one,

    生き残っていて、私はほとんどこの2度目のチャンスを得ることができました、あなたが知っているように、私は、1つでした。

  • incredibly committed to finding out what that true purpose was. And then the second thing

    その真の目的が何なのかを突き止めるために 信じられないほどの努力をしていましたそして2つ目は

  • was I was just super inspired to live in service of others and try and kind of not take any

    人のために生きようと 奮い立たされました

  • day for granted. And I know it sounds a little cliche, but when youre sure that today

    当たり前の日少し陳腐な言い方に聞こえるかもしれませんが、今日は

  • is your last day and then you get tomorrow, you live each day with incredible richness

    最後の日を迎え、明日を迎え、信じられないほどの豊かさをもって毎日を生きている。

  • and fullness.

    と充実感があります。

  • Do you feel as you look at life before that incident and after it happened, do you sense

    その事件が起こる前の人生と起こった後の人生を見ながら感じますか?

  • a marked difference? Because I know from reading the book, it’s like youve always been

    顕著な違い?なぜなら、本を読んで分かったのですが、あなたがいつものように

  • someone who has that sense of soul, you had a huge heart, you always wanted to do the

    そんな魂のこもった人、あなたは大きな心を持っていた、あなたはいつも

  • right thing, but it sounds like after that it was like bam. Like, yes.

    それは正しいことだけど、でも、そのあとはドカンって感じだったみたいだね。そうだな

  • Yeah, I mean, I was a completely different person after that.

    ああ、つまり、その後の私は全く別人になっていた。

  • Really?

    そうなんですか?

  • Yeah. Completely changed my life. You know, I didn't go into a semester at sea expecting

    そうなんだ人生を完全に変えた海の上での1学期には期待していなかったが

  • that big of a personal change, but I’ve always said it's kinda the best, most important

    個人的には大きな変化ではありませんが、私はいつも言ってきました。

  • experience that I’ve ever kind ofthat I’ve ever experienced or personally dove

    今までに経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないような...経験したことのないよう

  • into. And I think, you know, part of it is just first exposure to a world outside of

    の中に。そして、私が思うに、その一部は、外の世界に初めて触れることです。

  • my own that was so foreign, going into the developing world, being in India, being in

    途上国に行って インドに行って インドに行って 途上国に行って

  • Vietnam, and Brazil, and, you know, townships in South Africa all crunched within a 3 month

    ベトナム、ブラジル、そして、南アフリカのタウンシップは、すべて3ヶ月以内に打ち砕かれています。

  • period. You know, it just opens your horizons to such a wide place and going through that

    ピリオドあなたは知っている、それはちょうどあなたの視野を広げるような広い場所に、それを通過することができます。

  • right after certain death, the wave hit before we even got to a single country. It just changed

    特定の死の直後、一国に着く前に波が来た。変わったのは

  • my perspective so that when I came home, that’s actually when I had the biggest culture shock.

    視点を変えたので、家に帰ってきた時が一番カルチャーショックを受けた時でした。

  • It wasn’t going into these foreign places, it was actually coming home with new eyes.

    異国の地に行くのではなく、実際に新しい目で家に帰ってくるのです。

  • You mentioned India, which I know something very powerful happened there

    インドのことを言っていましたが、そこでは何かとてもパワフルなことが起きていましたよね...。

  • Right.

    そうだな

  • ...which would go on to kind of culminate in what’s become Pencils of Promise and

    ...それは一種の最高潮に行くだろう約束の鉛筆になっているものと

  • it’s, you know, one of the things that I love about the book and why I think our audience

    私がこの本を愛している理由の一つであり、私たちの聴衆は

  • is gonna love it so much, you guys are gonna freak when you read this, is that it’s divided

    はとても好きになるだろう、あなたたちはこれを読んだときに発狂するだろう、それは分割されているということです。

  • by 30 mantras, 30 chapters, and there are these wonderful guideposts and ideas that

    30のマントラ、30の章によって、これらの素晴らしい道標やアイデアがあります。

  • can really help all of us not only find the true purpose of our life, but live that through.

    は本当に私たちのすべてが私たちの人生の真の目的を見つけるだけでなく、それを介して生きることを助けることができます。

  • And so I love this mantra, it was, “Every pencil holds a promise.” Can you tell us

    "すべての鉛筆には約束がある "という マントラが大好きなんだ教えてくれないか?

  • the story?

    話の内容は?

  • Sure. So I had a habit that I decided even before going on the ship, which was I was

    船に乗る前から決めていた習慣があったんだ

  • gonna ask one kid per country what do you want most in the world? I would have them

    世界で一番欲しいものは何ですか?私は彼らに

  • write it down on a piece of paper and then I would create this collage when I got home.

    それを紙に書いて、家に帰ってからコラージュを作っていました。

  • And I thought I would just, you know, have this really cool set of global interests.

    世界的な関心事を持っていたいと思っていました。

  • And I expected to hear the things that I wanted, and so I thought a kid in one country would

    そして、自分が望んでいたことを聞くことを期待していたので、一国の子供が

  • say a house and in another country they’d say a car and in another country they’d

    家も車も他国では車と言う

  • say, you know, the latest gadget or piece of technology. And so in the first place that

    最新のガジェットや技術の一部と言ってもいいでしょうそうして最初の場所では

  • we got to, which was Hawaii after we got shipwrecked I met this beautiful young girl. I said, “What

    私たちが辿り着いたのはハワイでした 難破した後 私はこの美しい若い女の子に出会いました私は言った、「何

  • do you want if you could have anything in the world?” and she said, “To dance.”

    "世界に何かあるとしたら何が欲しい?" と聞くと、彼女は "踊ること "と言った。

  • And I thought, “Woah, that’s really different. Maybe I’m gonna get somesome kind of

    と思ったら、「うわぁー、ほんとに違う。もしかしたら...ある種の

  • surprising answers.” And then in China a young girl said a book and in Hong Kong a

    "意外な答え"そして中国では若い女の子が本を言い、香港では

  • kid said magic, which was my favorite. And then when I got to India I just saw poverty

    子供がマジックと言ったのが一番好きだったそしてインドに行った時には 貧困を目の当たりにしました

  • that was unlike anything I’d ever witnessed. And in particular it’s children, you know,

    今まで見たことのない光景でした特にそれは子供たちです

  • 4 year olds begging on the streets with 6 month olds in their arms. And you feel helpless

    4歳児が路上で物乞いをしていて6ヶ月の子供を抱っこしています。そして、あなたは無力さを感じます

  • and I think that that’s something that a lot of people often feel, which is there’s

    と、それは多くの人がよく感じることだと思うのですが、そこには

  • a big issue or even a small issue, but they don't feel like theyre in a position to

    大きな問題でも、小さな問題でも、彼らは感じていません。

  • actually make a difference. And so that’s how I felt. And I happened to find this boy

    実際に差をつけることができるそう思ったんですそして、たまたま見つけたのが

  • begging on the streets and he was my one kid in the whole country and I said, “What would

    路上で物乞いをしていたのですが、彼は全国でたった一人の私の子供で、私はこう言いました。

  • you want if you could have anything in the world?” And he just had nothing. I had never

    "世界の何かを手に入れることができるなら、あなたは何が欲しい?"彼は何も持っていなかった私は一度も

  • even considered that my life or another child’s life would exist in such poverty at such a

    自分の命や他の子供の命がこのような貧困の中で存在することを考えたこともありませんでした。

  • young age. And he looked at me and his answer if he could have anything in the world was

    若くして彼は私を見ていました 彼が世界で何かを手に入れることができるかどうかの答えは

  • a pencil. And I just was blown away and I gave him my pencil and when I did, he just

    鉛筆を驚いて鉛筆を渡したんです 鉛筆を渡した時には

  • lit up. And I could see that this idea that you can’t actually change somebody’s life

    ライトアップされた誰かの人生を変えることはできないという考えが見えてきた

  • that youre too young, you don't have enough money or youre not in a position of power

    若くても金がなくても、権力者でもないのに

  • and influence is actually ridiculous. It’s a broken idea and it doesn't exist. You can

    と影響力は実際にはばかげています。それは壊れた考えであり 存在しませんあなたは

  • provide one small act to one individual person that can really change the trajectory of their

    一人一人の軌道を変えることができる小さな行為を提供する

  • life. And when I gave this kid my pencil, I mean, I could see this curiosity, this spark

    人生のこの子に鉛筆を渡した時 この好奇心と閃きを感じました

  • of creativity, this sense of opportunity that he had never grasped before filling up within

    今まで掴んだことのなかったチャンスの感覚が、自分の中に充満しています。

  • him. And so after that I passed out pens and pencils as I backpacked through 40, 50 countries,

    と言っていました。その後、私は40カ国、50カ国をバックパッカーしながら、ペンと鉛筆を配った。

  • which led to then the organization being called Pencils of Promise.

    約束の鉛筆と呼ばれる組織につながった。

  • That’s awesome and I’m tearing up because every time… I’ve heard you tell the story

    すげーなーと思って涙が出そうになります......毎回話を聞いていて

  • before, but every time I hear you say it

    前にも言いましたが、その言葉を聞くたびに

  • Youre gonna make me tear up if you tear up.

    涙が出たら涙が出そうだな。

  • It’s soit’s justit’s so incredibly sweet, it’s something that we take for granted.

    なんか...信じられないくらい甘くて、当たり前のことなんですけどね。

  • I mean, I believe so much in the power of education, it’s why we do what we do here,

    教育の力を信じてるからこそここでやってるんだよ

  • it’s why we do B-School. And, yeah, I justin love with this book, in love with this

    だからB-Schoolをやるんだこの本に恋をして、この本に恋をして、

  • message. So I’m gonna take it further so I don’t become a total mess. So fast forward

    メッセージです。だから私はもっと先に進んでいくつもりですから、私が滅茶苦茶にならないように。だから早送りして

  • to the night at the Philharmonic. So youre there and one of the mantras is about embracing

    フィルハーモニックの夜にマントラの一つに「受け入れる」というのがあります

  • lightning moments.

    稲妻の瞬間。

  • Yeah. So after the semester at sea I backpacked essentially for a year. I finished up my senior

    そうなんだ海でのセメスターの後、私は基本的に1年間バックパッカーをしていました。卒業式を終えて

  • year and just realized I was only… I was just so alive when I was travelling that I

    旅をしていて気がついたのは、自分が生き生きとしていたことだけでした。

  • wanted more of it. And so I spent all this time travelling and then I moved into New

    もっともっとやりたいと思いましたそれでずっと旅をしていたんです そして、ニューメキシコに引っ越してきました

  • York and I got this great job at Bain as a consultant and kind of was inside of this

    ヨークと私はベインでコンサルタントとして素晴らしい仕事に就きました。

  • ivory tower that I’d dreamed of being a part of for years and was learning a ton while

    憧れの象牙の塔

  • I was there and had this incredible training, but I felt so disconnected to the part of

    私はその場にいて、信じられないようなトレーニングをしていたのですが、その部分とはとてもかけ離れていると感じました。

  • myself that felt truest. Which, again, is something that I see a lot of people experiencing.

    自分自身が一番実感しましたこれは多くの人が経験していることです

  • You know, you have to take a job or you have to move cities and suddenly youre kind

    仕事を取ったり、都市を移動したりして、急に何だか

  • of outside of who and what you are.

    あなたが誰であるか、あなたが何であるかの外側の

  • Yes.

    そうですね。

  • And you almost, for me, I think I wrote this in the book, but I felt like I was wearing

    そして、あなたは、ほとんど、私にとっては、本に書いたような気がしますが、身につけているような気がしました。

  • somebody else’s uniform all day and I would come home and the first thing I would do is

    一日中誰かの制服を着ていて 家に帰って最初にしたことは

  • change into what felt like me clothes. And so I got invited to the New York Philharmonic

    自分の服に着替えたのそして、ニューヨーク・フィルハーモニーに招待されました。

  • and I’d never been to the symphony before and one of my kind of classmates at Bain got

    シンフォニーを観たことがなかった ベイン大学の同級生の一人が-

  • tickets for a group of us and we all went. And I went to this thing, just, you know,

    私たちのグループのチケットを買って みんなで行ったの私はこれを見に行ったのよ

  • with a lot of ideas kind of percolating, and it’s in the book, some of the things that

    沢山のアイデアが出てきて、本の中では、そのいくつかが

  • happened that morning and that afternoon. But there was this confluence of ideas that

    その日の午前と午後に起こったことですしかし、そこにはこのような考えの合流がありました

  • was just stewing in my head and I watched as thisthis great group of people performed

    が頭の中で煮詰まっていて、これを見ていました...この偉大なグループのパフォーマンスを

  • this incredible, you know, symphony. Then afterwards they all left the stage and I was

    この信じられないような シンフォニーでしたその後、彼らがステージを去った後、私は

  • like, “What’s happening?” and one man came out. And, again, this idea, I think it’s

    みたいな感じで、一人の男性が出てきました。で、またしても、この考え方、私は

  • kind of common throughout the book is that one individual who finds a sense of purpose

    一人の人間が目的意識を見出すというのがこの本の共通点です。

  • can create radical transformation not just for themselves and their family but globally.

    は、自分自身や家族だけでなく、世界的に根本的な変革を起こすことができます。

  • This one man just kinda came out on stage and started playing this incredible piece

    この男がステージに出てきてこの信じられない曲を演奏し始めたんだ

  • on a piano and, you know, he’s like playing really hard and his hair ishe’s got

    ピアノの上で、一生懸命弾いているような感じで、髪の毛が...

  • like 3 strands of hair and they flying from one side of his head to the other. But this

    3本の髪の毛のように、彼らは彼の頭の片側から他の側に飛んでいます。しかし、これは

  • enormous sound was coming out of him through this piano and I just remember sitting there

    巨大な音がこのピアノを通して彼から出ていたのを覚えています。

  • thinking, “That’s what I want. I wanna be passionate about something, just as passionate

    それが私の望みだと思っています何かに情熱的になりたい、情熱的になるのと同じように

  • as he is, about something in my life.” And even, you know, if it’s something small,

    "私の人生の何かについて"些細なことであってもね

  • it just must be so fulfilling for him to play this piano right now. And literally like a

    このピアノを弾くことは 彼にとってとても充実しているに違いありませんそして文字通り

  • bolt of lightning, this name popped into my head, Pencils of Promise. And I loved it because

    稲妻の稲妻で この名前が頭に浮かんだ "約束の鉛筆 "だそして、私はそれを愛していました

  • obviously the pencil story, you know, but promise is such a powerful word and it has

    明らかに鉛筆の話ですが、約束というのはとてもパワフルな言葉です。

  • 2 completely different meanings. And the first is an oath or a commitment. I promise to do

    2つの全く異なる意味そして1つ目は 誓いや約束ですをすることを約束します。

  • something for you. And I think when you make a promise to somebody, the actual fulfillment

    あなたのために何かを誰かと約束をした時、実際の履行は