Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • There have been many different things written and said about marriage.

    結婚について書かれたり、言われたりしていることはたくさんあります。

  • From the sweetly inspirational to the hilariously cynical.

    甘いインスピレーションを与えるようなものから面白くシニカルなものまで。

  • But what many of them have in common is that they sound like they express a universal and timeless truth.

    しかし、それらの多くに共通しているのは、それらが、普遍的で時代を超えた真実を表現しているようだということです。

  • When in fact nearly everything about marriage, from its main purpose to the kinds of relationships it covers to the rights and responsibilities involved, has varied greatly between different eras, cultures and social classes.

    実際には、結婚の主な目的から関係の種類、それに関わる権利と責任まで、結婚に関するほぼすべての事が、時代、文化、社会階級によって大きく異なります。

  • So, let's take a quick look at the evolution of marriage.

    では、結婚の進化を簡単にみてみましょう。

  • Pair bonding and raising children is as old as humanity itself.

    つがいの絆、そして子供を育てることは、人類そのものと同じくらい歴史があります。

  • With the rise of sedentary agricultural societies about 10,000 years ago, marriage was also a way of securing rights to land and property by designating children born under certain circumstances as rightful heirs.

    約 1 万年前の定住型農業社会の台頭により、結婚はまた、特定の状況下で生まれた子供を、正当な相続人として指定することにより、土地と財産に対する権利を確保する方法でもありました。

  • As these societies became larger and more complex, marriage became not just a matter between individuals and families, but also an official institution governed by religious and civil authorities.

    これらの社会がより大きく、より複雑になるにつれ、結婚は個人と家族の間だけではなく、宗教および民間の権威によって統治される公式の機関の問題にもなりました。

  • And it was already well established by 2100 B.C. when the earliest surviving written laws in the Mesopotamian Code of Ur-Nammu provided many specifics governing marriage, from punishments for adultery to the legal status of children born to slaves.

    そして、紀元前 2100 年にはすでにしっかり確立されていたのです。 現存する法律の書面の中で最も古いウルーナンムのメソポタミア法典は、姦通の罰から奴隷として生まれた子供の法的地位まで、結婚を支配する多くの詳細を含んでいました。

  • Many ancient civilizations allowed some form of multiple simultaneous marriage.

    多くの古代文明では、何らかの形で複数の同時結婚が許されていました。

  • And even today, less than a quarter of the world's hundreds of different cultures prohibit it.

    そして今日でも、世界の何百もの異なる文化の中の 4 分の 1 未満がそれを禁止しています。

  • But just because something was allowed doesn't mean it was always possible.

    しかし、許されているからと言って、それが常に可能だったというわけではありません。

  • Demographic realities, as well as the link between marriage and wealth, meant that even though rulers and elites in Ancient Mesopotamia, Egypt and Israel had multiple concubines or wives, most commoners could only afford one or two, tending towards monogamy in practice.

    人口統計学の現実や結婚と富のつながりをみると、古代メソポタミア、エジプトとイスラエルの統治者やエリートには複数の子孫や妻がいたものの、実際にはほとんどの一般人は、一夫一婦制の傾向があることがわかります。

  • In other places, the tables were turned, and a woman could have multiple husbands, as in the Himalayan Mountains where all brothers in a family marrying the same woman kept the small amount of fertile land from being constantly divided into new households.

    他の場所では、逆のパターンがあります。女性が複数の夫を持つ事ができました。ヒマラヤ山脈では、1つの家族の中の兄弟全員が同じ女性と結婚することで、少量の肥沃な土地が、常に新しい世帯に分割されるのを防いでいました。

  • Marriages could vary not only in the number of people they involved but the types of people as well.

    結婚は、それに関係する人々の数だけでなく、人々のタイプも異なることがあります。

  • Although the names and laws for such arrangements may have differed, publicly recognized same-sex unions have popped up in various civilizations throughout history.

    そのような取り決めのための名前と法律は異なるかもしれませんが、公に認められた同性同士の結びつきは歴史を通して様々な文明で現れました。

  • Mesopotamian prayers included blessings for such couples, while Native American two-spirit individuals had relationships with both sexes.

    メソポタミアの祈りには、そのような夫婦への祝福が含まれていた一方で、ネイティブアメリカンの2つの精神を持つ個人たちは、どちらの性別の人とも関係を持っていました。

  • The first instances of such arrangements actually being called marriage come from Rome, where the Emperors Nero and Elagabalus both married men in public ceremonies with the practice being explicitly banned in 342 A.D.

    実際にそうした取り決めが結婚と呼ばれるようになった最初の例は、ローマにあります。皇帝ネロとエラガバルスは両者とも公式に男性と結婚しました。そしてその慣行は西暦 342 年にはっきりと禁止されました。

  • But similar traditions survived well into the Christian era, such as Adelphopoiesis, or "brother-making" in Orthodox churches, and even an actual marriage between two men recorded in 1061 at a small chapel in Spain.

    しかし似たような伝統は、アデルフォポイシスや正教会の「兄弟作り」などのキリスト教の時代まで存続しました。そして、2 人の男性間の実際の結婚さえも、スペインの小さな教会で1061年に行われたことが記録されています。

  • Nor was marriage even necessarily between two living people.

    2 人の生きている人間の間で結婚する必要もありませんでした。

  • Ghost marriages, where either the bride or groom were deceased, were conducted in China to continue family lineages or appease restless spirits.

    中国では新郎新婦のどちらかが亡くなった場合に、家族の血統を保つか、落ち着いていない魂を安らげるために、霊との結婚が行われました。

  • And some tribes in Sudan maintain similar practices.

    そしてスーダンの一部の部族では、同様の慣習を維持しています。

  • Despite all these differences, a lot of marriages throughout history did have one thing in common.

    これらすべての違いがあるものの、歴史を通じて多くの結婚には共通点が 1 つありました。

  • With crucial matters like property and reproduction at stake, they were way too important to depend on young love.

    財産や生殖の危機などの重要な問題により、それらは若い愛に委ねるにはあまりにも重要すぎました。

  • Especially among the upper classes, matches were often made by families or rulers.

    特に上流階級の間では、家族や支配者が組み合わせを作ることが多かったのです。

  • But even for commoners, who had some degree of choice, the main concern was practicality.

    しかし、ある程度の選択があった庶民であっても、主な懸念事項は実用性でした。

  • The modern idea of marriage as being mainly about love and companionship only emerged in the last couple of centuries.

    愛と交際がメインである現代的な結婚の考え方は、ここ数世紀の間に現れたばかりです。

  • With industrialization, urbanization and the growth of the middle class, more people became independent from large extended families and were able to support a new household on their own.

    工業化、都市化、そして中流階級の成長により、より多くの人々が大家族から独立し、自分たちで新しい世帯をもつことができるようになりました。

  • Encouraged by new ideas from the Enlightenment, people began to focus on individual happiness and pursuits, rather than familial duty or wealth and status, at least some of the time.

    啓蒙主義からの新しいアイデアに後押しされ、人々は少なくとも時々は、家族の義務や富や地位ではなく、個人の幸福や追求に集中し始めました。

  • And this focus on individual happiness soon led to other transformations, such as easing restrictions on divorce and more people marrying at a later age.

    そして、この個人の幸福への集中はすぐに、離婚の制限を緩和し、より多くの人が、より年齢重ねてから結婚するようになるなどの、他の変化につながりました。

  • So, as we continue to debate the role and definition of marriage in the modern world, it might help to keep in mind that marriage has always been shaped by society.

    ですから、現代の世界における結婚の役割と定義について議論する際、結婚は常に社会によって形成されてきたことを覚えておくと、良いでしょう。

  • And as a society's structure, values and goals change over time, its ideas of marriage will continue to change along with them.

    そして、社会の構造、価値観、目標が時間とともに変化するにつれ、結婚の考えもそれらと共に変化し続けるのです。

There have been many different things written and said about marriage.

結婚について書かれたり、言われたりしていることはたくさんあります。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 結婚 家族 階級 社会 古代

TED-ED】結婚の歴史-アレックス・ゲンドラー (【TED-Ed】The history of marriage - Alex Gendler)

  • 9324 459
    Liling Lee Liling に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語