Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • In this American English pronunciation video, you're going to come with me to the YouTube space in LA,

    この「アメリカ英語の発音」の動画で、私と一緒にロスにあるYouTubeスベースに行きたいと思います。

  • where I don't know anyone. And we're going to go over introducing yourself.

    誰も知りません。なので、自己紹介の準備をしましょう。

  • Introducing yourself to a crowd of people, or even just one person, can make anyone nervous.

    大勢の人たちの前、一人の前でも自己紹介をするのは緊張しますね。

  • Doing it in a foreign language, even more so. So today we're going to go over a few

    外国語でやるのはさらに緊張しますね。なので、今日は

  • phrases that you might say when introducing yourself.

    自己紹介で使えるフレーズを紹介したいと思います。

  • The first thing, of course, is saying your nameUsually you'll hear people say "I'm",

    まずですね、当たり前ですが、自分の名前を言います。「I'm(私は)」というのをよく聞きます。

  • or "My name is", or "My name's", contracting "name" and "is".  Some non-native speakers

    または「My name is(私の名前は)」、「My name's(私の名前は)」、「is」と「name」を短縮します。ネイティブではない方が

  • don't want to use contractions because they don't think it's clear enough, but we really

    あまり短縮形を使いたくないのは発音がはっきりしてないと思うからです。しかし、

  • do want to use the contraction "I'm", and not "I am" because it can be much quicker,

    「I am」ではなく、短縮形の「I'm」を使ったほうが早いです。

  • I'm, I'm, I'm, which puts the emphasis on the name, the most important part

    「I'm」を使ったことで、名前のほうが強調されます。一番大事な部分です。

  • This will also help smooth out your speech.  I'm Rachel, uhhh. All connected

    スムーズに言えるようになります。「I'm Rachel」はい、繋がりました。

  • Here are some people introducing themselves using "I'm".

    「I'm」を使った例を紹介したいと思います。

  • >> Hi. I'm Beth Aweau. >> Hey guys. I'm Olga Kay.

    >> どうも、私はBeth Aweauです。>>どうも、私はOlga Kayです。

  • >> I'm Staci Perry. >> Um,. I'm Todd Bieber.

    >> 私はStaci Perryです。>>私はTodd Bieberです。

  • >> Hi everyone. I'm Veronica Hill. >> Hey, I'm Rachel.

    >>みなさん、こんにちは。私はVeronica Hillです。>> どうも、私はRachelです。

  • >> Hi, I'm Hilah. >> Hi, I'm Rachel.

    >> どうも、私はHilahです。>> どうも、私はRachelです。

  • >> Hi, I'm Christopher. >> I'm Bryan.

    >> どうも、私はChristopherです。>>私はBryanです。

  • Here's an example of someone saying "my name is," without contracting "name" and "is".

    「name」と「is」を短縮してない、「my name is」を使った例はこちらです。

  • >> Hi everyone. My name is Hetal Jannu.

    >>みなさん、こんにちは。私の名前はHetal Jannuです。

  • Notice that the stress of the sentence is still making her name the most important part.

    注目してほしいのは彼女は名前を重要なところとして強調してます。

  • My name is Hetal. My name is Rachelda-Da-da-DA-daIt's longer, louder, and higher in pitch than

    私の名前はHetalです。私の名前はRachelです。「弱-強-弱-強-弱」な感じ。強調してない音節よりさらに長く、大きく、そしてピッチを高くします。

  • the unstressed syllablesMy name is Rachel, Ra-, My name is Rachel.

    私の名前はRachelです。Ra- 私の名前はRachelです。

  • That's how we know it's the most important partSo in the phrase "my name is", "my" and "is" are both unstressed,

    こうすることでそこは最も重要な部分だとわかります。「my name is」の場合だと、「my」と「is」は強調しません。

  • and so they need to be really unimportant, really quick, my [3x], is [3x].

    重要ではないので、早く言います。

  • My name is, my name is. If every syllable is the same length, the same volume, and the same pitch,

    もし全ての音節が同じ長さ、同じ音量と同じピッチだと、

  • then we loose the character of American English, which is based on stressed vs. unstressed syllables.

    アメリカ英語の特徴を失います。強調する音節と強調しない音節をもとに、発音しているので。

  • We can also say "My name's Rachel", with the contraction. The rhythm there is da-DA-DA-da.

    短縮形を使って「My name's Rachel」とも言います。韻律は「弱-強-強-弱」です

  • "Name" is stressed because it's a nounBut my actual name, Rachel, will be more stressed.

    「Name」は名詞なので、そこを強調します。私の名前「Rachel」のところはもっと強調します。

  • And I should say, it's only the stressed syllable, Ra-, of my name that's going to be longer and higher in pitch

    強いて言えば、「Ra-」の音節だけをもっと長く、ピッチを高くして強調します

  • The unstressed syllable, -chel, is just like any other unstressed syllable,

    強調しない音節「-chel」の部分はほかの強調しない音節と同じです。

  • even though it's in a stressed word.

    強調するワードであるにも関わらず。

  • >> My name's Aaron. >> Uh, what's up guys. My name's Todd.

    >>私の名前はAaronです。>>おっす。私の名前はToddです。

  • >> Hi, my name's Sara.

    >>こんにちは、私の名前はSaraです。

  • Often what comes next in an introduction is saying where you're from

    名前の紹介の後にどこから来ましたを言うのは普通です。

  • This can either be a job, if you're in a work context, or a place, your hometown or where you're currently living.  "From".

    仕事の場合だと、会社名を言います。他の場合だと、場所、地元、今住んでるとこを「From」を使って言います。

  • That's never going to be as important as the name of the place you're from.

    どこから来たのは絶対に名前より重要ではありません。

  • It's a function word, so we want it to be unstressed, shorter than the stressed syllables in the sentence

    機能語であるので、文の中では強調しないように、強調する音節より短くするように言いましょう。

  • from, fromListen to these people introducing the places they're from

    「from」「from」どこから来たかを紹介する例を見てみましょう。

  • They're using the contraction "I'm" and "from" and then the name

    短縮形の「I'm」と「from」を使って、地名はその後に来ます。

  • These two words are quicker and less important:  I'm from [3x].  I'm from Florida.  I'm from New York.

    この二つのワードは短く、強調しないよう言います。「I'm from」「フロリダから来ました。」「ニューヨークから来ました。」

  • >> I'm from Kapolei, Hawaii. >> ...from Seattle originally.

    >> 私はハワイのカポレイから来ました。>>地元はシアトルです。

  • >> I'm from New York. You're from Texas? >> You're from, where, again?

    >> ニューヨークから来ました。あなたはテキサス?>>どこから来たっけ?

  • >> I'm from Delaware.

    >>デラウェア州から来ました。

  • Here's one last example of someone saying "I'm from", but he's giving his business,

    こちらは「I'm from」を使った最後の例です。仕事の背景を紹介しました。

  • the company he works for, not a city.

    都市名ではなく、勤めている会社名を紹介しました。

  • >> I'm from Upright Citizens' Brigade, uh, channel: UCBcomedy.

    UCBコメディのUpright Citizens' Brigadeという会社から来ました。

  • One fun moment I noticed is when Todd introduced himself and Bryan said "Ts'up Todd?" 

    面白いと思うのはToddが自分を紹介したとき、Byranが「Ts'up Todd?」と返事しました。

  • Tsup, tsup.

    「Tsup」「Tsup」

  • >> Nice to meet you. >> Tsup, Todd? [4x]

    >>よろしく。>>おっす、Todd。

  • TsupWhat is that wordThat's actually "what's up?"  I made a video a while ago on "tsup":

    「Tsup」はどんな意味でしょう?「what's up?」の意味です。「tsup」について動画を作りました。

  • how we'll sometimes reduce "what's", "it's", "that's", or "let's" to simply "ts".

    「what's」「 it's」「that's」「 let's」の代わりに、「ts」を使うのが多いです。

  • TsupNow I know you're probably not hearing the P, but maybe you do notice my lips are

    Tsup? 「P」の発音が聞こえないかもしれませんが、私の唇のが閉じたってことを注目してましたね。

  • going into the position for itTsup.  P is a stop consonantThat means it's made up of two parts.

    「Tsup」「P」は閉鎖子音です。というと、二つの部分に分かれました。

  • The stop, where the lips come together, tsup, and the release,

    止めるときは、唇が閉じて、「tsup」、それからまた開けます。

  • where the lips parttsupSometimes native speakers leave out the releasetsup?

    これは唇の部分です。「tsup」ネイティブは閉じたままするのは普通です。「tsup」

  • "Stop".  "Nope".  You can too, just make sure you don't leave out the stop part of the consonant,

    「Stop」「Nope」止めるときを忘れなければ、あなたもそうすることができます。

  • where the lips come together and the air is stoppedTsup?

    唇を閉じて、空気を止めます。「Tsup?」

  • And finally, a phrase we often exchange when making an introduction is "nice to meet you".

    そして、自己紹介の最後に交わす言葉は「nice to meet you」です。

  • >> Nice to meet you. >> Nice to meet you, too.

    >>お会いできて嬉しいです。 >>こちらこそお会いできて嬉しいです。

  • >> Well, it was good to meet you, Hilah. >> Nice to meet you, too.

    >> Hilah、お会いできて嬉しいです。>>こちらこそお会いできて嬉しいです

  • >> Nice to meet you. >> Nice to meet you.

    >>お会いできて嬉しいです。>>お会いできて嬉しいです。

  • Most people say 'nice to meet you', and probably you noticed that once I said "it's good to meet you".

    「nice to meet you」を使うのは普通ですが、私が「it's good to meet you」を言ったことが気づいてたかもしれませんね。

  • "Nice", or "good", or whatever adjective you're using, and "meet" should

    「Nice」「good」またはほかの形容詞と「meet」は

  • be the two stressed syllables of that sentenceThat will contrast nicely with "to", which

    文の中で強調するべき二つの音節です。「to」と比べるとよくわかりますが、

  • will have a schwa instead of the OO as in BOO vowel, to, to, to.  "You",

    [oo] の代わりに [ə] を使って、[boo] の母音に変わります。

  • since it's at the end of a sentence, will probably sound something likeyou, you, you

    「You」は文の最後にありますので、こんな風に発音します。

  • Low in pitch, quick, flat, and with a lot of the energy of the voice taken out.  "you", "you"

    低めのピッチで、短く、平たく、力を入れないように、発音します。

  • nice to meet you.

    「nice to meet you」

  • We heard two different ways of pronouncing the T in "meet".  One is a stop T,

    「meet」の「T」の二つの発音聞きましたね。一つは閉鎖子音の「T」

  • because the next word begins with a consonant soundMeet you, meet you

    次に来るワードの始めは子音だからです。

  • I cut off the airflow in my throat to stop the sound, to signify the T. 

    のどのところで気流を止めました。「T」を強調するため。

  • I don't actually bring my tongue into position for the T, I just stop the air hereMeet you

    舌を「T」の位置に持っていてません。気流をそこに止めました。

  • The other way of making the T is to make it a CH soundThis can happen to an ending T if the next word is "you",

    もう一つは「T」を「CH」の発音にします。「T」は最後で、次に来るワードが「you」の場合です。

  • meet you, meet youSo first, let's hear it again with the stop.

    「meet you」「meet you」ではもう一度閉鎖子音を聞いてみましょう。

  • >> Nice to meet you. [4x]

    >>お会いできて嬉しいです。

  • And now with the CH sound.

    次は「CH」の発音の場合です。

  • >> Nice to meet you. [4x]

    >>お会いできて嬉しいです。

  • Meet you, meet youBoth are ok.

    「meet you」「meet you」どちたでも大丈夫です。

  • In closing, here is one more introduction conversation I had with a great guy I met in LA named Zachary.

    最後に、Zacharyというロスで出会ったすごくいい男性との自己紹介をお見せしたいです。

  • >> Hi. >> Oh, hey.

    >>こんにちは。>>こんにちは。

  • >> I'm Rachel. >> I'm Zach.

    >>私はRachelです。>>私はZachです。

  • >> Hi Zach, nice to meet you. >> Nice to meet you.

    >>Zachさん、お会いできて嬉しいです。>>お会いできて嬉しいです。

  • >> So, we're here at the YouTube Space. So you must be a YouTuber.

    >>YouTubeスベースにいることは、あなたもYouTuber(ユーチューバー)ですね。

  • >> Yep. Make videos for kids. >> Yeah? What's your channel?

    >>そう。子どもたちに動画を作ってるんだ。>>そうなんだ、チャンネルの名前は?

  • >> Pancake Manor. >> Oh wow.

    >>Pancake Manor(パンケーキ荘園)というんだ。>>うわー。

  • >> What's yours? >> Mine's Rachel's English.

    >>あなたのは?>>私のはRachel's Englishというです。

  • >> Oo. >> So I teach English on my channel.

    >>おお。>>チャンネルで英語を教えてるんです。

  • >> Wow. You must have a lot of subscribers. >> I do, I do. But actually, let's talk about that word.

    >>うわ、登録した人たくさんいるでしょね。>>いる、いる。でも、そのワードについて話しましょう。

  • It's subscribers, with an R. >> Oh. Subscribers.

    Rが入っているsubscribers(登録者)。>>お、Subscribers。

  • >> Subscrrrr-, hold out the R. >> Subscrr, rr, -scribers.

    >> Subscrrrr-、Rのとこに止めて。 >> Subscrr, rr, -scribers。

  • >> Yeah, that's it! >> Subscribers.

    >> そうです!>> Subscribers。

  • >> Perfect. >> Yeah.

    >> 完璧です。>> やった。

  • >> I'm going to tell my users about your channel, so they can go see you.

    >>私のチャンネルを登録した方にあなたのチャンネルを教えますから。

  • >> Cool, thank you. >> Yeah. It was great to meet you.

    >>やった、ありがとう。>>お会えできて嬉しかったです。

  • >> Nice to meet you. >> Ok, have a great day.

    >>お会えできて嬉しいです。>>よい一日を。

  • >> You too. >> Alright, take care!

    >>あなたも。>>お元気で。

  • >> Bye! Subscribers. Yeah.

    >>Subscribers、じゃね。

  • Thanks so much to all the wonderful people who were in this video

    この動画を協力してくれた皆様に感謝しています。

  • To learn more about them and their YouTube channels, follow the links in the video or in the video description.

    彼らのYouTubeチャンネルをもっと知りたい方は、動画のリンクまたは説明のところにチェックしてください。

  • Practice your English. Make a video introducing yourself, and post it as a video response to this video on YouTube.

    英語を練習しましょう。自己紹介の動画を作って、この動画に動画返事をしてみてください。

  • Or, just introduce yourself in the comments. I can't wait to meet you.

    または、コメントのところに自己紹介をしましょう。あなたと会うのを楽しみにしています。

  • That's it, and thanks so much for using Rachel's English.

    では、Rachel's Englishを利用いただいてありがとうございます。

In this American English pronunciation video, you're going to come with me to the YouTube space in LA,

この「アメリカ英語の発音」の動画で、私と一緒にロスにあるYouTubeスベースに行きたいと思います。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 強調 音節 rachel 名前 嬉しい 発音

自己紹介の仕方-アメリカ英語の発音 (How to Introduce Yourself -- American English Pronunciation)

  • 54891 5276
    Zenn に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語