Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • It's a story that plays out every Friday night somewhere.

    それは毎週金曜の夜になると、どこかしらで繰り広げられるストーリー。

  • People are having a good time with their friends when they have a few too many drinks and suddenly everything is spinning.

    みんな仲間と楽しいひと時を過ごしています。でも、飲み過ぎてしまうと、突然世界が回り始めます。

  • They might try to lay down to try to sleep it off, but that just makes it worse.

    横になったり、眠ろうとしたりするかもしれませんが、具合はどんどん悪くなるばかり。

  • Yep, they've got the spins.

    そう、目が回っているんです。

  • And, strange as it might seem, that's not because the alcohol they drank is messing with their brain.

    そして、奇妙に感じるかもしれませんが、目が回るのは、お酒が脳の働きを悪くしているからではありません。

  • The spins are a form of vertigo, which is the illusion that you or the world around you is moving.

    めまいの一種なのですが、それは錯覚で、自分か、そうでなければ世界がぐるぐると回っているように見えているんです。

  • But that illusion doesn't happen because alcohol affects neurons.

    ただ、その錯覚が起こる理由はアルコールが神経細胞に影響を与えているからではありません。

  • I mean, don't get me wrong, alcohol does affect neurons.

    ええと、誤解しないでくださいね。アルコールが脳に影響を与えることは事実です。

  • And it messes with your brain in a lot of wayslike, it lowers your inhibitions and impairs your memory.

    そして、様々な形で脳の機能を乱すんです。例えば、抑制力や記憶力を低下させます。

  • But the spins happen for a different reason, and to understand that, you first have to understand how your brain knows when you're moving.

    ですが、目が回る原因は別にあるのです。それを理解するには、まず、どのように脳が体を動かしていると認識するかを理解しなくてはなりません。

  • Deep within each ear are three semicircular canalscurved tubes which are oriented at different angles and filled with a fluid called endolymph.

    人間の両耳の奥には三半規管というものがあります。(3つの)半円形の管状の器官で、それぞれ異なる角度で傾いていて、リンパ液という液体で満たされています。

  • At one end of each tube is a cupula, a jelly-like mound that has a bunch of tiny sensory receptors called hair cells embedded in it.

    それぞれの片側の付け根の部分にはクプラというゼリー状の膨大部があり、有毛細胞と呼ばれる小さな感覚受容器がたくさん中に納まっています。

  • As the name implies, these cells have thin, hair-like projections coming out of them.

    その名の通り、それらの有毛細胞には細い、髪の毛のような突起物があります。

  • And when those quote "hairs" bend, the cells send electrical signals to the brain that say "Hey, something is happening".

    そして、その「(感覚)毛」というものが動くと、脳に電気信号を送って、「ちょっと、何か起こってるよ~」と伝達するのです。

  • For the hair cells in the cupula, that something is that the head is turning.

    クプラの有毛細胞にとって、その何かというのが、頭が動いている状態なのです。

  • When your head turns, the semicircular canals rotate along with it.

    頭を動かすと、三半規管もそれに合わせて回転します。

  • But inertia makes the endolymph inside lag behind a little bit and therefore press up against the cupulas.

    ですが、慣性の働きで中のリンパ液は少し遅れてクプラの方へ流れていきます。

  • That pressure bends the cupulas and their hair cells.

    そのリンパ液の動きによって、クプラとその有毛細胞が圧力を受けます。

  • The brain figures out exactly how your head is turning based on which cupulas in which ears are sending it signals that they're being bent.

    そして脳は、どちらの耳の、どのクプラが動いているのかという信号をもとに、頭がどう動いているのか正確に認識します。

  • This is why ballerinas use the technique of spotting when doing a bunch of pirouettes.

    だから、バレリーナは、ピルエット(片足のつま先立ち回転)を何度やっても、目を回すことなく回転することができるのです。

  • By keeping their head facing one direction as much as possible, they minimize the amount of time where endolymph is pressing on their cupulas, and essentially "trick" their brains into thinking they're spinning less.

    頭をできるだけ同じ方向に向けた状態にしておくことで、リンパ液がクプラに圧力を与える回数を最小限に抑え、実際より少なく回転しているのだと脳に「思い込ませる」ということです。

  • But alcohol messes with this whole system for one simple reason: it's not as dense as your endolymph.

    ですが、アルコールはこの機能を乱してしまいます。その訳はいたってシンプル。アルコールの濃度がリンパ液よりも低いから。

  • There aren't a ton of blood vessels in your inner ear, and most of them are in or near the cupula.

    内耳の血管はそれほど多くはありません。そして、そのほとんどが、クプラの周囲か中にあります。

  • Because of that, alcohol present in your blood diffuses into the cupula faster than it diffuses into the endolymph, making the jelly-like structure less dense than its neighboring fluid.

    そのため、血液中のアルコールがリンパ液よりも先にクプラを巡り、ゼリー状物質であるクプラの濃度が周囲よりも低くなってしまいます。

  • The difference in relative densities changes the pressure on the cupula, which causes it to distort.

    その比重の差により、クプラにかかるリンパ液の圧力も変わり、信号にひずみを引き起こすこととなるのです。

  • And when that distortion happens, the hair cells bend and start signaling to the brain that the head is turningeven though it's staying completely still.

    そして、ひずみが生じると、有毛細胞が動き、脳に頭が動いているという信号を送り始めます。たとえ、まったく動いていない状態でもです。

  • And you feel like you're the ballerina doing those pirouettes.

    それが、ピルエットをしているバレリーナの気分になっている状態。

  • At this point, most people just want to go lie down, close their eyes, and sleep it offbut in the cruelest of ironies, that actually just makes the spins worse.

    この時、ほとんどの人が横になりたいと考えます。目を閉じて、眠ってしまいたいって。-でも皮肉なことに、それがめまいを悪化させることになるんです。

  • See, there's supposed to be a separate system in the inner ear that detects forward-and-back motion and gravity.

    ほら、内耳には独立して機能をする器官があるはず。すべての方向の動きと重力を探知してくれるんです。

  • But if the densities of the cupula and the endolymph aren't exactly equal, the semicircular canal system veers out of its lane.

    でも、もしクプラとリンパ液の濃度がちょうど同じでなければ、三半規管の働きが本来の機能を逸脱してしまいます。

  • Instead of the cupula essentially floating in the endolymph, it becomes lighter than it.

    リンパ液に浮いているはずのクプラが、本来よりも軽くなってしまうということは、

  • And that means it will distort from any change in head position.

    頭の位置がどんなふうに動いたとしても信号のひずみを生み出すということ。

  • So it'll sound the rotation alarm in response to linear movements and gravity, too.

    つまり、直線運動や重力に対しても、頭が動いていると警告してしまうのです。

  • You can see evidence of this happening if someone lays down when they're drunk.

    その決定的な証拠は、酔った人が横向きに寝転んでいる時に見ることができます。

  • Their eyes will start to drift away from the floor and then they quickly move towards the side they're laying on.

    床の方を向いていた視線がそこからフラフラと離れていったと思ったら、急にまた床の方に向いたりするんです。

  • This is called positional alcohol nystagmus, and it happens because the brain attempts to keep the gaze steady as the head turnsuntil it realizes the head isn't turning, and snaps the eyes back.

    これは、体位性アルコール眼振(がんしん)と言い、脳が頭の動きに合わせて一定の方向を見ようとするために起きます。そして、脳が頭部が動いていないと認識すると目は元に戻るのです。

  • So, to recap: laying down, particularly on your side, makes the spins worse because your brain interprets gravity as rotation.

    つまり、寝転ぶのは、特に横向きの場合、めまいを悪化させてしまうのです。なぜなら、脳が重力ですら動いていると解釈するから。

  • So, you don't want to lay down.

    なので、横にならないようにしましょう。

  • And you really don't want to close your eyes because they've actually been holding this whole situation in check.

    そして、目も閉じない方が良いでしょう。なぜなら、その目がその状態を何とか抑えていたからです。

  • That's because your ears aren't the only part of you that senses if you're moving.

    だって、耳だけが動きを感知する器官ではないですから。

  • Your brain likes to use as many sources of information as possible to figure out what's happening around you.

    脳は、できる限り多くの情報源を活用して、周りの状況を把握します。

  • So it combines messages from several different sensory systems.

    様々な感覚器官からのメッセージを組み合わせるのです。

  • Psychologists call this multisensory integration.

    心理学者はこれを多感覚統合と呼びます。

  • And during the spins, the inner ear is sending the message of spinning, but the visual system is correctly telling your brain that everything is still.

    お酒に酔って目が回っている時、内耳は頭の位置が動いているというメッセージを送りますが、視覚器官は脳に何も動いていないと正確に伝えます。

  • And it just so happens that, as a species, humans rely on our sense of vision more than any other.

    そして偶然にも、人間という生き物は、何よりも視覚情報を頼りにするんです。

  • So when there's a conflict between sensory systems, your brain tends to default to trusting your eyes.

    ですから、感覚器の間で矛盾が生じても、脳は自分の目を信じる傾向にあります。

  • If you take away that visual input by closing your eyes, the only information your brain gets is your ears' message of spinning.

    目を閉じて視覚情報を排除してしまうと、脳が得る情報は耳からの「動いている」というメッセージだけになってしまいます。

  • So it fully commits to thatand your spins feel even worse.

    その情報だけを頼りにしてしまうことで、めまいは悪化してしまうのです。

  • There are a lot of suggestions for how to ease the spins.

    めまいを軽くするおススメの方法はたくさんあります。

  • Staying upright and keeping your eyes open can definitely help.

    真っすぐに立ったまま、目を開けておけば、間違いなく楽になるでしょう。

  • Some people suggest that if you do lay down, you should keep one foot on the floor so that the brain has some extra information about which direction is down.

    横になるんだったら、片足だけでも床につけておくと良いという意見もあります。そうすることで、どちらが下かという情報を脳に与えることができるからです。

  • And some people find it's helpful to do something that relies heavily on visionlike watching a movie.

    他にも、視覚重視のことをすると良いという人もいます。例えば、映画を観るなどです。

  • But whether such activities help by actively engaging the visual system and overriding the spin signals is unclear.

    ただし、そのような視覚器官を積極的に使い、動いているんだという信号を抑えようという試みが、実際に効果があるかは分かっていません。

  • They might just distract you from feeling crummy.

    単に具合が悪い状態を忘れさせてくれているだけかもしれません。

  • If all else fails: wait it out.

    もし何をやってもだめなら、待つのみです。

  • After about three hours, alcohol from your blood will have diffused throughout the endolymph.

    3時間もすれば、血液中のアルコールは体内のリンパ液に流れていくでしょう。

  • So the densities of the cupula and endolymph will have reached and the spinning will stop.

    そうなれば、クプラとリンパ液の濃度のバランスが良くなり、めまいは治まるでしょう。

  • Then, you just have to worry about a hangover.

    そうなったら、心配すべきは二日酔いのことでしょうね。

  • Thanks for watching this episode of SciShow Psych!

    SciShow Psych(サイショー・サイク)の今回のエピソードをご覧くださりありがとうございました!

  • We hope you enjoyed today's tour of your brain.

    本日の「脳についての勉強」をお楽しみいただけたなら幸いです。

  • If you want to learn more about how alcohol affects you, you might like our episode on the connection between booze and creativity.

    アルコールが人体に及ぼす影響についてもっと知りたい方は、お酒と創造性の関係についてのエピソードをご覧いただけたらと思います。

  • So why not watch that one next?

    この次にご覧になりませんか?

  • And please remember to always drink responsibly!

    そして節度ある飲酒を心がけることをお忘れなく!

It's a story that plays out every Friday night somewhere.

それは毎週金曜の夜になると、どこかしらで繰り広げられるストーリー。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 クプラ リンパ 動い めまい アルコール 有毛細胞

酔うと目が回るのはなぜ? (Why Do We Get the Spins When We’re Drunk?)

  • 1509 194
    Fibby   に公開 2020 年 05 月 17 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す