Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Introduction

    はじめ

  • Folklore, legends, myths and fairy tales have followed childhood through the ages,

    民話、伝説、神話やおとぎ話は、古くから小児期に従っている

  • for every healthy youngster has a wholesome and instinctive love for stories fantastic,

    幻想的な物語のための健康と本能的な愛情を持っているすべての健康な若者がために、

  • marvelous and manifestly unreal.

    素晴らしいと明白に非現実的。

  • The winged fairies of Grimm and Andersen have brought more happiness to childish

    グリムアンダーセンの翼の妖精は、幼稚な、より幸福をもたらしている

  • hearts than all other human creations.

    他のすべての人間のcreationsより心。

  • Yet the old time fairy tale, having served for generations, may now be classed as

    まだ昔のおとぎ話、世代にわたって務めた、今に分類されることがあります

  • "historical" in the children's library; for the time has come for a series of newer

    児童図書館で"歴史的"、時間に新しいのシリーズに来ています

  • "wonder tales" in which the stereotyped

    れているステレオタイプの"不思議の物語"

  • genie, dwarf and fairy are eliminated, together with all the horrible and blood-

    精霊、小人や妖精がすべて恐ろしい、血液と一緒に、排除される

  • curdling incidents devised by their authors to point a fearsome moral to each tale.

    それぞれの物語に恐ろしい道徳を指すように、著者が考案したインシデントを凝結。

  • Modern education includes morality; therefore the modern child seeks only

    現代の教育は道徳が含まれているため、現代の子供はシーク

  • entertainment in its wonder tales and gladly dispenses with all disagreeable

    すべての嫌なとの不思議な物語と喜んで分注するのエンターテイメント

  • incident.

    事件。

  • Having this thought in mind, the story of "The Wonderful Wizard of Oz" was written

    心にこの考えを持って、の物語は"オズの魔法使い"が書かれています

  • solely to please children of today.

    単に今日の子どもたちを喜ばせる。

  • It aspires to being a modernized fairy tale, in which the wonderment and joy are

    それは驚きand喜びがされている、近代的なおとぎ話であることを目指して

  • retained and the heartaches and nightmares are left out.

    保持され、heartachesと悪夢は除外されています。

  • L. Frank Baum

    L.フランクバウム

  • Chicago, April, 1900.

    シカゴ年4月、1900。

  • >

    >

  • CHAPTER 1. The Cyclone

    第1章。サイクロン

  • Dorothy lived in the midst of the great Kansas prairies, with Uncle Henry, who was

    ドロシーはWsヘンリーおじさんと、偉大なカンザスの大草原の真っ只中に住んでいた

  • a farmer, and Aunt Em, who was the farmer's wife.

    農夫の妻だった農夫、そしてエムおばさん、。

  • Their house was small, for the lumber to build it had to be carried by wagon many

    彼らの家は、小さく、構築するために木材のためにそれは多くのワゴンで運ばれる必要があった

  • miles.

    マイル。

  • There were four walls, a floor and a roof, which made one room; and this room

    そしてこの部屋、四方の壁、床と一つの部屋を作った屋根があったが、

  • contained a rusty looking cookstove, a cupboard for the dishes, a table, three or

    さびた探して料理用レンジ、食器戸棚、テーブル、3つ以上が含まれて

  • four chairs, and the beds.

    4つの椅子、そしてベッド。

  • Uncle Henry and Aunt Em had a big bed in one corner, and Dorothy a little bed in

    ヘンリーおじさんと叔母は、エムは、1つのコーナーに大きなベッドがあり、ドロシーはほとんどベッドの中で

  • another corner.

    別のコーナー。

  • There was no garret at all, and no cellar-- except a small hole dug in the ground,

    まったく屋根裏部屋、無セラーはなかった - 地面に掘った小さな穴を除いて、

  • called a cyclone cellar, where the family could go in case one of those great

    家族の場合にはそれらの素晴らしいのいずれかを行くことができる場所、サイクロンセラーと呼ばれる

  • whirlwinds arose, mighty enough to crush any building in its path.

    旋風は、そのパス内の任意の建物を粉砕する強大なほど起こった。

  • It was reached by a trap door in the middle of the floor, from which a ladder led down

    それは、はしごがダウンしてつながったから、床の中央にトラップドアによって達成された

  • into the small, dark hole.

    小さな、暗い穴に。

  • When Dorothy stood in the doorway and looked around, she could see nothing but

    ドロシーが戸口に立って周りを見た時、彼女は何も表示されませんこともできますが、

  • the great gray prairie on every side.

    あらゆる側面に大きな灰色の大草原。

  • Not a tree nor a house broke the broad sweep of flat country that reached to the

    Not木も家は達して平らな国の広範なスイープを破った

  • edge of the sky in all directions.

    すべての方向の空の端。

  • The sun had baked the plowed land into a gray mass, with little cracks running

    太陽は少し亀裂が稼動して、灰色の塊に耕土地を焼いていた

  • through it.

    それを介し。

  • Even the grass was not green, for the sun had burned the tops of the long blades

    太陽が長いブレードの上部を燃やしていたに対しても、草は、緑色ではなかった

  • until they were the same gray color to be seen everywhere.

    彼らはどこでも見られるように、同じグレー色になるまで。

  • Once the house had been painted, but the sun blistered the paint and the rains

    一度家が描いた、しかし太陽は塗料や雨をブリスターしていた

  • washed it away, and now the house was as dull and gray as everything else.

    それを離れて洗浄し、そして今の家は他のすべてのように鈍いと灰色だった。

  • When Aunt Em came there to live she was a young, pretty wife.

    エムおばさんは生きるためにそこに来たとき、彼女は若い、かなりの妻だった。

  • The sun and wind had changed her, too.

    太陽と風があまりにも、彼女を変えていた。

  • They had taken the sparkle from her eyes and left them a sober gray; they had taken

    彼らは彼女の目から輝きを採取し、それらに地味な灰色を残していた、彼らは取った

  • the red from her cheeks and lips, and they were gray also.

    彼女の頬と唇から赤、そして彼らはまた、灰色だった。

  • She was thin and gaunt, and never smiled now.

    彼女は薄く、荒涼としたであり、今笑ったことがない。

  • When Dorothy, who was an orphan, first came to her, Aunt Em had been so startled by the

    孤児wasドロシーは、、最初に彼女に来た時、エムおばさんはそうでびっくりしていた

  • child's laughter that she would scream and press her hand upon her heart whenever

    彼女は悲鳴を上げるとするたびに彼女の心に彼女の手を押すという子供の笑い声

  • Dorothy's merry voice reached her ears; and

    ドロシーの陽気な声は、彼女の耳に達し、そして

  • she still looked at the little girl with wonder that she could find anything to

    彼女はまだ彼女はに何かを見つけることができる驚異の少女を見て

  • laugh at. Uncle Henry never laughed.

    笑う。ヘンリーおじさんは笑ったことがない。

  • He worked hard from morning till night and did not know what joy was.

    彼は朝から晩まで懸命に働いたと喜びが何であるか知りませんでした。

  • He was gray also, from his long beard to his rough boots, and he looked stern and

    彼は長いひげから、彼の荒いブーツに、また灰色であり、彼は船尾を見て、

  • solemn, and rarely spoke.

    厳粛な、そしてめったに話をしない。

  • It was Toto that made Dorothy laugh, and saved her from growing as gray as her other

    それは、ドロシーの笑いを作ったそのトトであり、彼女の他のほどグレーの成長から彼女を救った

  • surroundings.

    周囲。

  • Toto was not gray; he was a little black dog, with long silky hair and small black

    トトは灰色ではなかった、彼は長い絹のような髪と小さな黒で、小さな黒い犬だった

  • eyes that twinkled merrily on either side of his funny, wee nose.

    彼の面白い、おしっこ鼻の両側に楽しくtwinkled目。

  • Toto played all day long, and Dorothy played with him, and loved him dearly.

    トトは一日中プレイ、ドロシーは彼と一緒に演奏し、心から彼を愛し。

  • Today, however, they were not playing.

    今日は、しかし、彼らは演奏されませんでした。

  • Uncle Henry sat upon the doorstep and looked anxiously at the sky, which was even

    ヘンリーおじさんは、さらにであった、玄関上に座って空を心配そうに見

  • grayer than usual. Dorothy stood in the door with Toto in her

    いつもよりgrayer。ドロシーは彼女にトトドアに立っていた

  • arms, and looked at the sky too.

    腕は、とあまりにも空を見た。

  • Aunt Em was washing the dishes. From the far north they heard a low wail of

    エムおばさんはお皿を洗っていた。はるか北から、彼らは、低嘆きを聞いた

  • the wind, and Uncle Henry and Dorothy could see where the long grass bowed in waves

    長い草が波にお辞儀をどこに風、そしてヘンリーおじさんとドロシーは見ることができた

  • before the coming storm.

    来る嵐の前。

  • There now came a sharp whistling in the air from the south, and as they turned their

    今そこに南からの空気中で口笛シャープが来て、彼らはを回したas

  • eyes that way they saw ripples in the grass coming from that direction also.

    目そのように彼らは草の中にさざ波もその方向から来る見ました。

  • Suddenly Uncle Henry stood up.

    突然ヘンリーおじさんは立ち上がった。

  • "There's a cyclone coming, Em," he called to his wife.

    "There'saサイクロンは、EM、来て、"彼は彼の妻に呼ばれる。

  • "I'll go look after the stock." Then he ran toward the sheds where the cows

    "私は入荷後の外観を行くよ。"それから彼は牛小屋に向かって走った

  • and horses were kept.

    そして馬は保たれた。

  • Aunt Em dropped her work and came to the door.

    エムおばさんは、彼女の仕事を落とし、ドアに来た。

  • One glance told her of the danger close at hand.

    一目では、身近に危険が彼女に言った。

  • "Quick, Dorothy!" she screamed.

    "クイック、ドロシー!"と彼女は叫んだ。

  • "Run for the cellar!" Toto jumped out of Dorothy's arms and hid

    "地下室のために実行する!"トトがドロシーの腕とHIDから飛び出した

  • under the bed, and the girl started to get him.

    ベッド下に、と少女は彼を得るために始めた。

  • Aunt Em, badly frightened, threw open the trap door in the floor and climbed down the

    エムおばさんは、ひどく驚いている、床にトラップドアを開いて投げ、降りて

  • ladder into the small, dark hole. Dorothy caught Toto at last and started to

    小さな、暗い穴にはしご。ドロシーは、最後にトトを捕まえて、始めました

  • follow her aunt.

    彼女の叔母に従ってください。

  • When she was halfway across the room there came a great shriek from the wind, and the

    彼女は部屋の向こう半分だったときにそこに風から大きな悲鳴が来た、と

  • house shook so hard that she lost her footing and sat down suddenly upon the

    家は彼女が彼女の立場を失い、時突然に座ったようにハード振った

  • floor.

    床。

  • Then a strange thing happened. The house whirled around two or three times

    そして、変なことが起こった。家は2〜3回の周りぐるぐる

  • and rose slowly through the air. Dorothy felt as if she were going up in a

    と空気をゆっくりと上昇した。彼女が上行っていたかのようにドロシーは感じた

  • balloon.

    バルーン。

  • The north and south winds met where the house stood, and made it the exact center

    北と南の風が家が立っていた場所に会った、そして正確な中心にした

  • of the cyclone.

    サイクロンの。

  • In the middle of a cyclone the air is generally still, but the great pressure of

    サイクロンの真ん中に空気がまだ一般的ですが、偉大な圧力

  • the wind on every side of the house raised it up higher and higher, until it was at

    それはにいたまで、家のあらゆる側面の風は、高く高く、それを提起

  • the very top of the cyclone; and there it

    非常にサイクロンの上部、およびそこに

  • remained and was carried miles and miles away as easily as you could carry a

    残ったと同じように簡単にあなたが運ぶ可能性があるので離れて何マイルを実施した

  • feather.

    羽。

  • It was very dark, and the wind howled horribly around her, but Dorothy found she

    それは、非常に暗いとなり、風が彼女のまわり​​恐ろしく遠ぼえが、ドロシーが見つかりました彼女

  • was riding quite easily.

    非常に簡単に乗っていた。

  • After the first few whirls around, and one other time when the house tipped badly, she

    周りの最初の数旋風、家はひどく傾いたもう一つの時間の後、彼女

  • felt as if she were being rocked gently, like a baby in a cradle.

    彼女がクレードルに赤ちゃんのように、静かに揺れるされていたかのように感じた。

  • Toto did not like it.

    トトは、それを好きではなかった。

  • He ran about the room, now here, now there, barking loudly; but Dorothy sat quite still

    彼は大声で吠え、今そこに、今ここで、部屋について走った、しかしドロシーは、かなり座っじっと

  • on the floor and waited to see what would happen.

    床のオンと何が起こるかを見るために待っていた。

  • Once Toto got too near the open trap door, and fell in; and at first the little girl

    かつてトトは、あまりにもオープンなトラップドアの近くだし、に落ち、そして最初少女

  • thought she had lost him.

    彼女が彼を失っていたと思った。

  • But soon she saw one of his ears sticking up through the hole, for the strong

    しかしすぐに彼女は強いため、穴を通して、最大付着彼の耳のいずれかを見た

  • pressure of the air was keeping him up so that he could not fall.

    彼は落ちることができなかったように空気の圧力は彼を保っていた。

  • She crept to the hole, caught Toto by the ear, and dragged him into the room again,

    彼女は、、穴にこっそり耳でトトを捕まえて、再び部屋に彼をドラッグ

  • afterward closing the trap door so that no more accidents could happen.

    その後これ以上事故が起こらないことができるようにトラップドアを閉じる。

  • Hour after hour passed away, and slowly Dorothy got over her fright; but she felt

    しかし、彼女が感じた、時間が亡くなった、とゆっくりとドロシーは彼女の恐怖を乗り越えた後の時間

  • quite lonely, and the wind shrieked so loudly all about her that she nearly became

    非常に孤独で、風は彼女がほとんどになったことを彼女についてすべてのように大声で金切り声

  • deaf.

    耳が聞こえない。

  • At first she had wondered if she would be dashed to pieces when the house fell again;

    家が再び落ちたとき、彼女は作品に破線される場合、最初に彼女は不思議だった。

  • but as the hours passed and nothing terrible happened, she stopped worrying and

    時間が経過し、ひどい何も起こらなかったとしてではなく、彼女は心配停止し、

  • resolved to wait calmly and see what the future would bring.

    解決落ち着いて待って、未来がもたらすかを知ることができる。

  • At last she crawled over the swaying floor to her bed, and lay down upon it; and Toto

    最後に彼女が揺れて床の上に彼女のベッドにクロールし、その上に下に置く、そしてトト

  • followed and lay down beside her.

    続いて、彼女の隣に横たわっていた。

  • In spite of the swaying of the house and the wailing of the wind, Dorothy soon

    家の揺れにもかかわらず、風の嘆きでは、ドロシーはすぐに

  • closed her eyes and fell fast asleep.

    彼女の目を閉じ、高速眠ってしまった。

  • >

    >

  • CHAPTER 2. The Council with the Munchkins

    第2章。マンチキンwith協議会

  • She was awakened by a shock, so sudden and severe that if Dorothy had not been lying

    彼女はSO突然、ドロシーが嘘をついていなかった場合、その深刻な、ショックで起こされた

  • on the soft bed she might have been hurt.

    柔らかいベッドの上で彼女が傷ついているかもしれません。

  • As it was, the jar made her catch her breath and wonder what had happened; and

    それがあったとして、jarは彼女が息をキャッチし、何が起こったのか不思議made、および

  • Toto put his cold little nose into her face and whined dismally.

    トトは、彼女の顔に彼の冷たい小さな鼻を入れて、惨めにwhined。

  • Dorothy sat up and noticed that the house was not moving; nor was it dark, for the

    ために、またそれが暗くなっていた、ドロシーは、最大座って、家が動いていなかったことに気づいた

  • bright sunshine came in at the window, flooding the little room.

    明るい日差しが少し部屋を洪水、窓から入って来た。

  • She sprang from her bed and with Toto at her heels ran and opened the door.

    彼女はベッドから跳び、彼女のかかとでトトで実行されていましたし、ドアを開けた。

  • The little girl gave a cry of amazement and looked about her, her eyes growing bigger

    少女は驚きの叫びを与えたし、彼女について見て、彼女の目は大きく成長して

  • and bigger at the wonderful sights she saw.

    そして彼女が見た素晴らしい光景で、多くの。

  • The cyclone had set the house down very gently--for a cyclone--in the midst of a

    サイクロンは非常に静かに家を設定していた - サイクロンの場合 - の真っ只中に

  • country of marvelous beauty.

    素晴らしい美しさの国。

  • There were lovely patches of greensward all about, with stately trees bearing rich and

    緑の芝生の美しいパッチは、重厚な木々が豊富なベアリングと、すべての約があったと

  • luscious fruits.

    甘美なフルーツ。

  • Banks of gorgeous flowers were on every hand, and birds with rare and brilliant

    ゴージャスな花の銀行はすべての手にあったし、珍しいと鮮やか付きの鳥

  • plumage sang and fluttered in the trees and bushes.

    羽が歌い、木や薮でひらひら。

  • A little way off was a small brook, rushing and sparkling along between green banks,

    少し方法がオフに、急いでと緑の銀行との間で一緒に輝く、小さな小川was

  • and murmuring in a voice very grateful to a little girl who had lived so long on the

    とにそう長く住んでいた小さな女の子に非常に感謝して声で不満を漏らすこと

  • dry, gray prairies.

    乾燥した、灰色の大草原。

  • While she stood looking eagerly at the strange and beautiful sights, she noticed

    彼女は奇妙な、美しい光景at熱心に見て立っている間、彼女は気づいた

  • coming toward her a group of the queerest people she had ever seen.

    彼女は今まで見たqueerest人の彼女のグループに向かって来る。

  • They were not as big as the grown folk she had always been used to; but neither were

    彼らは彼女が常にするために使用されていた成長の民俗ほど大きくはなかった、しかしどちらもなかった

  • they very small.

    彼らは非常に小さい。

  • In fact, they seemed about as tall as Dorothy, who was a well-grown child for her

    実際に、彼らは彼女のためによく成長した子供だったドロシー、同じくらいの身長に見えた

  • age, although they were, so far as looks go, many years older.

    年齢は、彼らがいたものの、これまで外出先、何年もの古い見た目ほど。

  • Three were men and one a woman, and all were oddly dressed.

    3人は男性と一人の女性であり、すべての、奇妙服を着ていた。

  • They wore round hats that rose to a small point a foot above their heads, with little

    彼らは少しで、小さなポイントに彼らの頭の上に足をバララウンド帽​​子を身に着けていた

  • bells around the brims that tinkled sweetly as they moved.

    彼らが動いたと同時に甘くtinkled brims周りの鐘。

  • The hats of the men were blue; the little woman's hat was white, and she wore a white

    少し女性の帽子は白であり、彼女は白を着て、男性の帽子は青だった

  • gown that hung in pleats from her shoulders.

    彼女の肩からプリーツでハングガウン。

  • Over it were sprinkled little stars that glistened in the sun like diamonds.

    その上にダイヤモンドのように太陽の下でglistened小さな星がちりばめられていた。

  • The men were dressed in blue, of the same shade as their hats, and wore well-polished

    男性は自分の帽子と同じ色合いで、青い服を着て、洗練された身に着けていたwere

  • boots with a deep roll of blue at the tops.

    トップスに青色の深いロールとブーツ。

  • The men, Dorothy thought, were about as old as Uncle Henry, for two of them had beards.

    彼ら二人がひげを持っていたために男性は、ドロシーは思いました、、ヘンリーおじさんと同じくらいの歳だった。

  • But the little woman was doubtless much older.

    しかし、少し女性には確かにずっと年上だった。

  • Her face was covered with wrinkles, her hair was nearly white, and she walked

    彼女の顔がシワで覆われていた、彼女の髪はほとんど白であり、彼女は歩いた

  • rather stiffly.

    かなり頑固に。

  • When these people drew near the house where Dorothy was standing in the doorway, they

    これらの人々はドロシーが彼ら、戸口に立っていた家の近くに描画したとき

  • paused and whispered among themselves, as if afraid to come farther.

    一時停止し、遠くに来て恐れている場合は、彼ら自身の中でささやいた。

  • But the little old woman walked up to Dorothy, made a low bow and said, in a

    しかし、少し古い女性で、、ドロシーまで歩い低い弓を作ったと言った

  • sweet voice: "You are welcome, most noble Sorceress, to

    甘い声には:"あなたは、、最も高貴なSorceressをお待ちしています

  • the land of the Munchkins.

    マンチキンの国。

  • We are so grateful to you for having killed the Wicked Witch of the East, and for

    我々は東の悪い魔女を殺したことでもあなたにに感謝しており、およびfor

  • setting our people free from bondage." Dorothy listened to this speech with

    束縛から私たちの人々が自由な設定。"ドロシーは、この演説に耳を傾け

  • wonder.

    不思議に思う。

  • What could the little woman possibly mean by calling her a sorceress, and saying she

    ちょっと女性は、おそらく彼女の魔術師を呼び出すと、彼女を言うことによって何を意味する

  • had killed the Wicked Witch of the East?

    東の邪悪な魔女を殺した?

  • Dorothy was an innocent, harmless little girl, who had been carried by a cyclone

    ドロシーは、サイクロンによって運ばれていた罪のない、無害で小さな女の子だった

  • many miles from home; and she had never killed anything in all her life.

    多くの家庭からのマイル、彼女はすべての彼女の人生に何かを殺したことはなかった。

  • But the little woman evidently expected her to answer; so Dorothy said, with

    しかし、少し女性には明らかに彼女は答えることが期待、soドロシーは言ったと

  • hesitation, "You are very kind, but there must be some mistake.

    ためらいは、"あなたはとても親切ですが、いくつかの誤りがなければならない。

  • I have not killed anything."

    私は何かを殺していない。"

  • "Your house did, anyway," replied the little old woman, with a laugh, "and that

    "あなたの家は、とにかく、だ"、笑いながら、小さなお婆さんを答えた"とし、

  • is the same thing. See!" she continued, pointing to the corner

    同じことです。参照してください!"彼女がコーナーを指して、継続

  • of the house.

    家の。

  • "There are her two feet, still sticking out from under a block of wood."

    "二人の足は、まだ木のブロックの下から突き出て、あります。"

  • Dorothy looked, and gave a little cry of fright.

    ドロシーが見えた、と恐怖の小さな叫びを与えた。

  • There, indeed, just under the corner of the great beam the house rested on, two feet

    そこに、確かに、ちょうど家の目に休まれたから大きなビームの角、二つの足の下で

  • were sticking out, shod in silver shoes with pointed toes.

    尖ったつま先と銀の靴で履く、突き出していた。

  • "Oh, dear!

    "ああ、かわいい!

  • Oh, dear!" cried Dorothy, clasping her hands together in dismay.

    オハイオ州の親愛なる!"落胆に一緒に彼女の手を抱茎の、ドロシーを叫んだ。

  • "The house must have fallen on her. Whatever shall we do?"

    "家は彼女の上に落ちている必要があります。我々は一体何をすればいいの?"

  • "There is nothing to be done," said the little woman calmly.

    "実行する必要は何もない、"小さな女は静かに言った。

  • "But who was she?" asked Dorothy. "She was the Wicked Witch of the East, as I

    "しかし、彼女は誰でしたか?"ドロシーは尋ねた。 "彼女は私のように、東の邪悪な魔女was

  • said," answered the little woman.

    言った、"ちょっと女性は答えた。

  • "She has held all the Munchkins in bondage for many years, making them slave for her

    "彼女はその彼女のための奴隷作り、長年にわたり緊縛内のすべてのマンチキンを開催しています

  • night and day. Now they are all set free, and are grateful

    夜と昼。今それらはすべて自由に設定、と感謝して公開されています

  • to you for the favor."

    好意についてあなたに。"

  • "Who are the Munchkins?" inquired Dorothy. "They are the people who live in this land

    "マンチキンは誰ですか?"ドロシーは訊ねた。 "彼らはこの土地に住む人々です

  • of the East where the Wicked Witch ruled." "Are you a Munchkin?" asked Dorothy.

    邪悪な魔女が支配東洋の。""あなたはマンチキンですか?"ドロシーは尋ねた。

  • "No, but I am their friend, although I live in the land of the North.

    私は北の土地に住んでいるものの、"いいえ、私は、彼らの友人です。

  • When they saw the Witch of the East was dead the Munchkins sent a swift messenger

    彼らは東の魔女が死んだを見たときマンチキンは迅速使者を送った

  • to me, and I came at once.

    私にとって、そして私は一度に来た。

  • I am the Witch of the North." "Oh, gracious!" cried Dorothy.

    私は北の魔女です。""ああ、優​​雅な!"ドロシーは叫んだ。

  • "Are you a real witch?" "Yes, indeed," answered the little woman.

    "あなたは本物の魔女か?""はい、確かに、"小さな女性は答えた。

  • "But I am a good witch, and the people love me.

    "しかし、私は良い魔女だ、と人々は私を愛して。

  • I am not as powerful as the Wicked Witch was who ruled here, or I should have set

    私は邪悪な魔女がここに支配された人、または私が設定したはずな限り強力ではありませんね

  • the people free myself."

    人々は自分自身を解放する。"

  • "But I thought all witches were wicked," said the girl, who was half frightened at

    "しかし、私はすべての魔女は邪悪と思っていた、"半分に驚いた少女は、言った

  • facing a real witch. "Oh, no, that is a great mistake.

    本物の魔女に直面。 "ああ、いいえ、それは大きな間違いです。

  • There were only four witches in all the Land of Oz, and two of them, those who live

    わずか4オズのすべてのランドの魔女、そして彼ら二人、住む人々があった

  • in the North and the South, are good witches.

    北と南では、良い魔女です。

  • I know this is true, for I am one of them myself, and cannot be mistaken.

    私は彼ら自身の一人は、これに該当する場合、知っていると誤解することはできません。

  • Those who dwelt in the East and the West were, indeed, wicked witches; but now that

    東と西に住んでいた人たちは、確かに、邪悪な魔女だった;しかし、現在これ

  • you have killed one of them, there is but one Wicked Witch in all the Land of Oz--the

    あなたがそれらのいずれかを殺して、オズのすべての土地の1つの邪悪な魔女があるが、 -

  • one who lives in the West."

    西に住んでいる一つ。"

  • "But," said Dorothy, after a moment's thought, "Aunt Em has told me that the

    "しかし、"ドロシーは少し考えた後で、"エムおばさんは私に言ったしている、よると、

  • witches were all dead--years and years ago."

    魔女は、すべて死んでいた - 何年も前に、"。

  • "Who is Aunt Em?" inquired the little old woman.

    "エムおばさんは誰ですか?"小さなお婆さんを尋ねた。

  • "She is my aunt who lives in Kansas, where I came from."

    "彼女は私がどこから来たカンザス、住んでいる私の叔母です。"

  • The Witch of the North seemed to think for a time, with her head bowed and her eyes

    彼女の頭がお辞儀をし、彼女の目で北の魔女は、時間で考えるように見えた

  • upon the ground.

    地面に。

  • Then she looked up and said, "I do not know where Kansas is, for I have never heard

    それから彼女は見上げると私は聞いたことがないために、カンザス州がどこにある私にはわからない"と言った。

  • that country mentioned before. But tell me, is it a civilized country?"

    その国は、前に述べた。しかし、それは、文明国を私にだと分かる?"

  • "Oh, yes," replied Dorothy.

    "ああ、はい、"ドロシーは答えました。

  • "Then that accounts for it. In the