シャドーイングとは?


スピーキングを本気で勉強したい。しかし四六時中英語を使う状況に身をおくことは出来ない。
そんな時にシャドーイングは強烈な効果を発揮する一つの勉強法になります。

シャドーイングの意味とその利点

皆さんも一度はシャドーイングとは何かを聞いたことが有るかもしれません。
シャドーイングとは、リスニングをする際に、聞こえてきた文章を影のように追いながら発音していく勉強方法のことを指します。
その際にイントネーションやアクセントを真似ることで、正しい発音方法を身につけることにつながります。

シャドーイング学習には発音以外にも複数のメリットが有ります。

  • 場所や教材ににとらわれない

    自由

    シャドーイングは、どこでも、どのような教材(音声つきの英語スクリプトであれば)でも行うことが出来ます。

  • リスニング力の向上

    リスニング向上

    シャドーイングを行う際、発音を綺麗に真似しようするため普段よりも集中して英文を聞くことになります。 結果、細かい音に敏感になるためリスニング力が向上します。

  • スピーキング力の向上

    スピーキング向上

    シャドーイングをする際に、一度しっかりと文章を理解し、それを口に出して繰り返し練習するので、自然と実践で表現が増えてゆきます。

シャドーイングを行う3つのステップ

  • 教材を探す

    探す

    音声つきのものであれば、特になんでも構いません。TED Talkであっても、ポッドキャストであっても、YouTube動画であっても、試験の教材であっても音声があるものであればなんでも構いません。 ただ、シャドーイングは英語の理解力の向上のものではないので、自分に合った難易度で、長さもあまり長くないものが良いでしょう。

  • 先にリスニングを複数回行う

    聞く

    シャドーイングを開始する前に、まず何回かリスニングをし、全ての単語を調べ、内容を全て理解しましょう。初めての教材でしたら、スクリプトを参照にしながらリスニングをし、ゆっくりと発音になれるのも手です。

  • シャドーイングを行う

    話す

    準備ができたら、シャドーイングにとりかかりましょう。ここで気をつけたいのは、できるだけスピーカーの気持ちに寄り添って会話することです。スピーカーの口調、抑揚、どこでポーズしてるかまで含めて綺麗に真似て下さい。この際に自分の音声を録音して、教材と比較することが、英語力向上の近道になります。また、VoiceTubeのシャドーイング機能を使うことで、より快適なシャドーイングを行うことが出来ます。